意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

【RSSリーダー】今度はPhoneアプリのイメージを

今まででデータの取得ができることが確認できました。

次はWindows Phoneアプリで作成していきたいと思います。

f:id:Suechan:20150414224830j:plain

イメージとしてはこんな感じで進めて行きたいと考えます。

 

Pivotとは左右のフリックで画面が変わるタイプの画面です。この例でいけばフィード1をフリックするとフィード2が出るという画面になります。

 

この画面形式はiOSやAndroidには無く、WindowsPhoneしかありません。iOSやAndroidだとタブバーに相当するもので、タブバーの遷移をフリックで行えると言うと伝わるでしょうか。実際に使ってみると結構しっくりくるのです。

また完全に表示が分離しているのではなく、画面の右には少しだけ次の画面が出ており、「右に続きが有る」ということを伝えてくれます。ここはタブバーと大きく違うところです。

 

ゲームだとタブ毎に完全に独立した画面になってしまいますが、こういう業務系のような場合には結構有効だと思っています。ですので、なんとかこの画面の使い方をマスターしたいと考えているのですが、なかなか動きが理解できずにいます。

 

しかしこの画面を肝だと勝手に決めつけているので、ここは譲らないで作りたいと思います。

 

スポンサーリンク