意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

社畜つながりでついでに

よく「正社員は安定で鉄板」みたいな話は誰しも聞く話だと思います。この際IT業界の正社員()は置いておきまして、一般的な企業ではどうだろうかと。

  • (人にもよるでしょうが)精神的に安定する(社会的地位等)
  • 月給であり年休、忌引、その他組合サービスを利用できる

などなど良いとこ総取りに見えます。非正規の私とは雲泥の差です。

 

では非正規がそんなに悪いかというと

  • 責任はほぼ無い
  • 定時で帰れる(人件費削減のために非正規を雇っているため)
  • 職場の飲み会とかまったく行っていない(最初の歓迎会だけ行きました)
  • 収入は正社員の半分以下??(数字は持っていませんが相場的にこれくらいでしょうか?)

 

言い換えると、お金をもらわないことと引き換えに責任から逃れる、とも言えます。

社内政治からも解放されるので精神的なストレスはかなり少ないです。ただし契約更新時期のストレスは数か月ごとに必ずありますので、それは準備をしないといけません。

 

今の時代ブラックなんとかで正社員になることが怖い側面もありますが、若さや新卒といった強力なカードを持っているなら正社員を経験した方がよいです。良くも悪くも日本の習慣です。それを踏まえてその会社に残るか起業するか考えた方がよいと思います。

 

蛇足ですが「どんな会社でも3年は努めましょう」という話は、辞めた際にハロワで最長職歴を記入する欄があるのでこんな話があるのだと思います。この制度は生きていますので3年うんぬんは根拠がない訳では無いと推測します。

スポンサーリンク