意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

Googleさん、直帰させずに引き留めてください→それはあんたの仕事だ

f:id:Suechan:20150611201642j:plain

 

Goolge Analyticeを導入してしばらく経ちます。ぼんやりと眺めているとまぁ直帰率が高いこと。ただ導入したてのころは90%以上ありましたので、徐々に改善傾向にあるように見えます。

 

まず直帰の基準がわからないのでヘルプを参照してみました。

概要

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション(ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション)の割合です。

 

 つまりヤリ逃げ踏み逃げが基準ということでしょうか。

 

となると、コンテンツが増えてリンクできる場所が増えて、クリックしてもられば直帰率が改善する、という仮説もありえるかもしれません。

 またAdSenseとか貼っていたとしたら、そこをクリックしてもらうことも改善に繋がるかもしれません。また審査出してみます。

 

 

で、上の引用の中にある「離脱」という単語も耳慣れない言葉です。しかしこのものずばりの単語はヘルプになく変わりにこんな説明が。

離脱率と直帰率の違い

概要

個々のページの離脱率と直帰率の違いを理解するには、次のポイントを押さえてください。

  1. 離脱率は、個々のページのすべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を示します。
  2. 直帰率は、そのページから始まったすべてのセッションで、そのページがセッションに存在する唯一のページだった割合を示します。
  3. ページの直帰率は、そのページで始まったセッションだけが計算の対象になります。

離脱と最終セッション(閉じるボタン)の因果が不明でした。

 

なんだか狐につままれている気分ですが、徐々にブログを続けて増やしていきたいと思います。

一見地味に思える継続によるコンテンツ増加というのは、ゆっくりですが確実に効果があると感じます。

スポンサーリンク