意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

外を歩くと腕にじんましんのようなものができる件

休みの日はかならずウォーキングとして30分以上外を徘徊することとしております。季節とか気温とか天気とかわからなくなってしまうので、意識して「何もないけど外を歩く」ということを実践して半年以上でしょうか。

 

先月くらいから体というか腕に異常が出始めます。

手首からひじにかけての外側にぷつぷつと赤いものが点々とできることに気づきました。見た目にじんましんっぽいのですがかゆみが無いため生活に支障がないのです。しいていえばピリピリとした痛みがあります。

 

ニキビが腕にできた、みたいなふうに見えたので、石鹸で洗っておくとそこそこ収まるので放置していました。

 

が、3,4週間ほど経ちますがきれいな状態にならないのです。医者行けよと言われればそうなのですが、あんまり薬もらうの嫌だと思っていましたので。

(こういう素人判断はよくありません。かならず皮膚科等専門家の意見を聞いてください)

 

 

どうも外を歩いたあとで症状が出ているような気がしてネットを調べてみました。

 

www.jinmasin.com

どうもこれのような感じです。そういえば太陽に当たると、日焼けではなく日火傷状態になっていたことを思いましました。ピリピリ感も同じで、先月くらいから出始めたので期間も合います。

「よーしパパ頑張って光合成しちゃうぞー」くらいの気持ち半袖で歩いていたことが原因のようです(ぇ

 

このリンクの最後ですが

多くのじんましんで共通していることは、年齢や環境の変化で完治するケースが多いことです。

となっております。端的にとらえると薬が効きにくいともとれますが・・・。

外を歩くときは長袖か日の出てない時間を選ぶようにしてみます。

(繰り返しになりますが、かならず皮膚科等専門家の意見を聞いてください)

スポンサーリンク