意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ものぐさな私が写真を見栄えよくするためにLightroomを使ってみた(写真多めです)

昨日ガイアの夜明けでネットショップに関する話を見ました。

その中で写真の取り方に関する話が出ていました。太陽光を使ってレフ板を用意して・・・とやっていましたが、ものぐさな私なりの方法を記したいと思います。

 

論よりソースということでまずはこちらの写真を、

f:id:Suechan:20150617004925p:plain

顔色悪そうなクッキーです(笑

で、これをLightroomを使用するとこうなります。

f:id:Suechan:20150617005015p:plain

どうでしょうか?ちょっとマシになったと思いますが、赤が強いですかね。

 

 

続いてはこちら。

f:id:Suechan:20150617005106p:plain

普通なビルです。

これを

f:id:Suechan:20150617005138p:plain

こんなこともできますが、これはやり過ぎですね。

 

次は

f:id:Suechan:20150617005209p:plain

びわの木です。

 

こちらは

f:id:Suechan:20150617005304p:plain

どうでしょうか、上よりはマシになったかと思います。

 

最後に室内で撮影したものは

f:id:Suechan:20150617005831p:plain

これが元で

f:id:Suechan:20150617010042p:plain

こんな風にできます。ちょっと色が強めですかね。これは撮影した映像がありましたので1分程度使ってやっつけで現像してみました。

 

 

例えばびわの写真は緑を強くしましたが、もっと強くすることもできます。また最後のVisualStudioの箱は紫を強調するようにしています(しすぎかもですが)。

 

あまりやり過ぎると造りものっぽくなってしまうので、ほどほどにするようにしています。また、なるべく処理を行なったことがわかりにくい範囲にとどめるようにすることが楽しみです。

 

 

これらはLightroomというソフトで現像しております。他の現像するソフトはあまり試していませんが、UIが直感的で一番自分にしっくりきましたので常用しております。この程度ですとPhotoshopの出番はありません。また必要であればPhotoshopに出力してさらに加工することもできます。

 

体験版とかありますし、本とかも出てますので貼っておきます。私はVer5を使用しておりますが、大きな変更点はなさそうです。

とりあえず貼っておきます。

 

Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版

Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版

 

 Mac/Winともで使えます。

 

Photoshop Lightroom CC/6 スーパーリファレンス for Windows&Mac OS

Photoshop Lightroom CC/6 スーパーリファレンス for Windows&Mac OS

 

 

2015/06/17追記

スマホで撮るとこんな感じになることが多いかと思います。

f:id:Suechan:20150617203546p:plain

 

処理後

f:id:Suechan:20150617203639p:plain

こんなふうにまるで真上から撮影したかのように。

 

また手で撮る以上傾くこともあります。

f:id:Suechan:20150617203741p:plain

 

これがこうできます。

f:id:Suechan:20150617203927p:plain

こんな風にできます。

今回の追加分はかなり極端ですが、ありがちなことを追記いたしました。

 

続きはこちら。

 

suechan.hateblo.jp

 

 

次回は作成の注意点について書ければと思います。

スポンサーリンク