意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

テレビを単独で付けなくなったのはいつからだろう

テレビを見るという習慣がなくなってはや数年が立ちます。
見たい番組は録画して1.5倍速で見るというスタイルにしています。

いつからテレビ単独で見なくなったかと思うと、地デジ普及からでしょうか。
テレビに時間を割けなくなったとかもあるかもしれません。

確か「地デジは画質が奇麗です!」みたいな売りで世に出てきました。
あとあまり語られませんが、技術的には周波数再編成とかの意味合いもあったと思います。

で、奇麗な画質でテレビを見ていると、表情とかわかってしまいます。
そう「表情」がはっきり見えます。

「あーそれわかるー」みたいな軽いコメントがカットインとともに映されるときがあるかと思います。
言葉は軽いのに全然笑ってねぇ・・・。

考えられる要因はいくつかあります。

  • 昔は顔も演技できる人がテレビに出ていた
  • カメラの向こうは笑える状況にない
  • そもそも笑うところでもなんでもないけど、とりあえず編集でカットインしてみたかった

まだまだありそうですが、こんなところでしょうか。

いずれにしても見ているこちらとカメラの向こうでギャップがありそうと感じてしまいました。

見ていた頃、なんとか斬りとかフォーとか言う人とか出ていた気がするのですが、今はテレビでは見ないです。
私がたまに見るテレビに出ないだけで地元で活躍されていることを切に願います。

スポンサーリンク