意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

もし株でこんな架空チャートの銘柄があったとしたら

 中国市場では売買禁止だの、NY証券取引所がシステムトラブルだの、あまり聞かないニュースが飛び交っています。

 いつだったかの中国のニュースで
「わが国の市場はコントロールされていない状況にある」
 みたいなのを見たのですが、「市場をコントロールしてたんかい」と突っ込み待ちなのかと思ってしまいました。

 また、NY証券取引所は訴訟とか心配なんですが大丈夫でしょうか。
 システムトラブルとのことなので致し方ないところです。

 さてタイトルの話ですが、こんな架空のチャートがあったとしたら、どう取引しようか考えます。


f:id:Suechan:20150709203453j:plain
※引用元画像:Yahoo!ファイナンス


 週足ですので、緑が26週線、赤が13週線です。

 ぱっと見は、長らく続いた下落が底を打ち、力強く上昇しているように見えます。

 テクニカル的に見ると、26週線は否定されたものの、強い買いシグナルが出ていると判断したくなります。


 最初に架空と書きましたが元ネタはというと、

f:id:Suechan:20150709205422p:plain
※引用元画像:Yahoo!ファイナンス


 今日の日経平均を上下逆さまにしたチャートです。
 また証券会社のチャートの機能で、この機能を持っているところもあります。


 もちろん未来のことなんてわかりませんし、テクニカル分析のみでファンダメンタルズを考慮していない状況での予想です。

 時期的に庶民のボーナスを吸ってそこからドスンというのは簡単に描けるシナリオです。

 一応私はGW明けに現物を手放していますので、暴落が来ても特にダメージなし。

suechan.hateblo.jp

 一番いいときではないですが、それなりに高いところで売れたので判断は間違ってなかったと確信しました。


 20000円台中盤で売り入れれれば良かったなぁ、というたらればで。

スポンサーリンク