意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

見たいものと見せたいものは違う

ブログを書くようになって4ヶ月程度が経過しましま。

 

日々、「今日のブログは何にしよう」と考える時間が生まれています。まるで今日の晩ご飯を考えるような感じですね。

 

毎晩1時間(あるいはそれ以上)PCに向かってせっせと書く。ほぼほぼ日常になりつつあります。なんだかつたない文章であったり、おぼつかない内容だったりでもとにかく書く。きっと続けていればいいことある。よね?

 

とほとんどアクセスのないこのブログですが、ときどきはてなスターを頂けることがあります。

とてもありがたいことです。遠慮なく頂戴しています。

 

ですが少々もやもやするのです。

何故かというと、スターをもらっている記事は力を入れていないものが多いのです。翻ってノリノリの超力入ってます記事は閑古鳥です。

 

ノリノリの記事を持っと読んで!そしてスターを付けて!!

というつもりで書いていますが、どうも受けが悪いようです。

多分これはブログに限らずクリエイティブな事柄に共通するのではないかと。

 

執筆、絵、ゲームなどなど。

 

書いて(作って)自分だけが満足するのでなく、見たいものを提供できなければいけない。見たいものは見たいですし、見たくないものは見たくない。当たり前ですね。

 

マーケティングといいますか、需要と供給といいましょうか。

たぶんあらゆることに共通することだと思うので、意識の片隅においておきたいと思います。

スポンサーリンク