意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

飛騨トンネルまでドライブに行ってきました

 

 連休最終日にあまりに引きこもるのもアレかと思いましたので、とりあえず近場にドライブに行こうと思い立ちます(唐突

 とは言うものの行き先がありません。そもそも超インドア派ですので行くところなどありません。

 

 これではあんまりですので、職場の人の話によると「恵那山トンネルは最長ではなく、少なくとも飛騨トンネルの方が長い」との言葉。

 恵那山トンネルが日本最長だと信じていた私にとってとてもショッキングな宣告です。おっさん乙とか言わない。

 

 さっそく調べてみると、

 延長別日本の道路トンネルの一覧 - Wikipedia

 本当のようです。恵那山トンネルは過去最長と記述されています。

 そして飛騨トンネルは10,710mあるそうです。5桁です。

 場所は白川郷ICの手前です。

f:id:Suechan:20150720225435p:plain

 この辺です。

 写真右下のところでトンネルが切れている区間がありますが飛騨河合PAです。

 ここにも立ち寄ることにします。

 

 いざ、飛騨トンネルを見るために出発です。

 なおデジカメを持って行くことを忘れてしまい、道中の写真はアイキャッチの1枚しかありません。

 

 13時頃に出発し、行きは順調そのもので快適にドライブが進みます。ですが、対向車線が強烈に渋滞しているのが気がかりです。ひるがのSA辺りですね。

 

 走ること2時間くらいで飛騨河合PAに到着します。が、ここめっちゃ狭い。カメラ忘れたのがほんとうに痛い。

 PAを出るとすぐに飛騨トンネルです。入り口の看板で10710mを確認します。迷う選択肢はないので、早速入ってしまいます。

 

 トンネル内は本当に明るいし、天井高い。1kmごとに入り口と出口まで何kmと書かれています。

 途中で虹色のライトが出ていたのは真ん中あたりなのでしょうか。

 

 出口を出るとすぐに白川郷ICですのでいったん降ります。

 なんだかあっけなく通貨してしまいました。

 その昔、恵那山トンネルをくぐったときは暗いし狭いし本当に長く感じました。今回のトンネルはあまり長さを感じません。むしろ短く感じます。運転のストレスを与えにくい作りになっているのだと身をもって実感します。

 

 3時間あれば白川郷まで来れるなんて、昔では考えられなかったことです。世の中便利になっていくものです。

 高速代がそこそこしますが、またカメラを持ってリベンジしたいと思います。今度はレポート形式に挑戦してみよう。

 

 

 なお、帰りにひるがのSAと一宮JCTで渋滞に巻き込まれたことは言うまでもありません。5時間かかりました。

 というか車が完全停止する渋滞って、東名なら事故渋滞くらいです。これがもう少し解消されればよいのですが。

スポンサーリンク