意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ExcelもしくはAccess VBAで処理確認メッセージを1行で書く

 VBAの基本的なこととかは、他の老舗サイトの方々がほぼ確実に網羅されてますね。

 すごく綺麗にまとまっていて、いつも助かっております。

 

 

 よく、ボタンを押すと処理確認メッセージ出すということがあると思います。こういうときこんな風に書いています。

 

    If Msgbox("処理を行いますか?", vbYesNo) = vbNo Then Exit Sub

 

 この1行をボタンを押した処理の先頭に書いておいてから、プログラムの記述を行うようにしています。

 たった1行ですので、邪魔になりません。

 

 Thenの後ろに命令文を記述してあるサイトってあまり見なかったので書いてみました。

 1行に2つ以上の命令文を書くのはあまり良いとはいえません。ですが、これに関してはむしろ1行の方が見やすいと思います。

 

 あとはSelect Case文とかで

 

    Select Case str
    Case "1"
        msg = "文字"
    Case "2": msg = "数値"
    Case "3": msg = "日付"
    Case Else: msg = "不明"
    End Select

 

 こんな風に書いたりします。"1"の記述はごく普通ですが、"2","3"の記述はあまり見かけないと思います。こちらも1行に2命令書いていますが、こちらの方が見やすいと思うのは私だけでしょうか。

 ただあまりずらずらと右に並べると見にくくなってしまいますので、右側が1命令の時限定でこのように記述しています。

 

 もちろん、その場所のルールも大切ですので、周りのメンバーとは相談が必要です。

スポンサーリンク