意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

とある日常のぞくっとした瞬間

今週のお題「ゾクッとする話」

 

数年前に近くのスーパーに買い出しに出かけました。いつも通り食料を買うつもりです。

しかしこの日はいつもと違う日となりました。

 

行くときに、交差点をいくつか通ります。これは当たり前ですね。

でもある交差点を通過するときに左手に見えました。

 

交差点から少し離れた電柱の陰にパトカーが居たのです。

 

そうです、ここは一時停止をしなければならないところです。ちゃんと止まれの標識があります。

 

こういうときって人間は意外とカンが働くようで、このときはたまたま模範的な一時停止をしていました。

ただ私の後ろを走っていた車はせっかちさんで車間を詰めてきていました。

 

私が通過後にミラーで後ろをちらっと見ると、一時停止することなく交差点に侵入した様子です。そしてパトカーが私たちの後についてきます。

 

そして「前の車止まりなさい。○○(車のナンバー)」みたいな声が。呼んでいるのは私の車のナンバーではありません。

 

この瞬間ほっとしました。自分が停止したつもりでも、他から見てそう見えるとは限りませんので。

 

本当に心臓がきゅっと縮んだ瞬間でした。

スポンサーリンク