読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

やりたいことが見つかった。CIOがほぼ近い

IT 人生観

最近派遣先で上の方とお話する機会があり、その会議の中で突然こんなことを聞かれました。

「○○(私)君、こういう状況って技術的になんらか言葉とかある?」

 

突然の質問です。そもそもそういう趣旨の打ち合わせではありませんでしたので、そんな質問が来ることは全く想定していませんでした。

ここはうろたえることがあってはいけないと考え、堂々と胸を張って噛まないように答えました。

 

「はい、ペルソナという単語が存在します。仮想的な顧客を定義してシステムを設計する方法で、システムの精度を上げる効果が見込めます」

 

たしかこんな感じのやりとりでした。

 

この瞬間「私の目標はこれだ」と確信できました。

上の方々はITが大事とはわかっていても、ITのことはさっぱりわからない。部下から言われたけど、これってどういう意味?間違ってない??と相談する人が欲しいのではと想定します。

そういうときにIT系を幅広く知っている私の知識は花開くかと。広くて浅いです。

 

そういう役職があるようです。CIO(Chief Information Officer)というそうです。

最高情報責任者 - Wikipedia

 

経営戦略に沿った情報戦略やIT投資計画の策定などに責任を持つ

 

 

WindowsやMacの知識がありますし、Linuxは・・・勉強します。

がっつりの開発はあまり経験が無いですが、1人月程度のVBA業務改善ツールなんかはゼロから作成できます。

知識を収集するのも飽きたりしないのか?と問われるかもしれませんが、パソコンが好きで30年程度いろいろな形で携わっているので、多分続けられると思います。

 

あいかわらずまとまりがない文章ですが、ビビビと来たのでメモして置くことを優先しました。

もちろんすぐになれることではありませんので、将来何になりたいか?と問われたときにはCIOと答えられるようにします。自分が思うCIOとはどんな人かをはっきりさせていきたいと思います。

 

上のリンクのなかで

経営幹部や他のメンバーとのコミュニケーション能力

 どげんかせんといかんです。

 

 

スポンサーリンク