意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

Skylakeという単語を知っている人は少数ですよね。あまりにも話題になっていないので少し書いてみます

今のデスクトップPCは自作PCと言われるパソコンを使用しております。

CPUとかメモリとか1銘柄ずつ、こだわりにこだわり抜いた品を選りすぐっております。

 

2012年に買ったのですが、こだわり抜いたせいかそれ以降は物欲がわかなくてしまっていまして、せいぜいSSDを買い足したくらいです。

多分20万円以上かかっていると思いますが、計算しないことにします。

構成はまた後日書きたいと思っています。

 

さて、今週自作PCスキーなら気になるニュースがありました。Intelから新しいCPUが発売されたそうです。

 

akiba-pc.watch.impress.co.jp

 

ニュースを見て値段とか気になったので、金曜日の夜に大須に寄り道してみました。ハナ金ってやつですね。

 

が、値段が恐ろしい。上のリンク内の記事にも5万円とかあるのですが、実際にお店に行ったところ、高い方のi7と言うものは45,000円の値段が付けられていました。

 

た、たけぇ。ちょーっと手が出ない値段です。

 

税込みか税抜きか確認し忘れてしまったのですが、そもそもの値段に驚いて確認する気持ちが無くなっていました。

 

すっぱいブドウの話があるので、この価値を認めたくないと思っているのかもしれません。ただ3年間の超円高の時にi7と呼ばれるCPUが2万円ちょっとで買えたことを知っているので、ただただ驚くばかり。

 

「そういう時代になった」と言われればそれまででもありますが、NUCでも買ってお茶を濁そうかと考えてしまいます。

 

ちなみにNUCってこんなのです。

 

 10cm四方くらいの大きさで、ゲームをしないなら十分な性能があります。デスクトップが邪魔でしょうがない、けれどもノートPCは嫌だという人にぴったりです。小さいのにすごい奴です。

 

話を戻して、とりあえず今使っているi7はまだ5年戦えると思いますので、今日は退散いたしました。考えているPCの構成があるので、それは来年の今くらいに組む予定なのでそれまで我慢します。

 

てぶらで帰るのもなんでしたので、録画用のBD-R DL 50GBの10枚組を買って帰りました。

スポンサーリンク