読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

有給を使うことをためらいますが、終業先の課長がイケメンな返事をくれた話

世間はお盆休みが始まっているようですね。今日なんかは電車がかなり空いていて時間を間違えたかと思いました。

 

さて、私は現在一般派遣契約で仕事をしています。肩身が狭いように思われるかもしれませんが、ハケンと言っても有給も年間10数日あります。

 

本来従業員が有給を使用することに対して、会社は基本的に拒むことはできません。(時季変更権というものがあります)

 

また派遣の場合、有給の申請は派遣元に対して行い、派遣元から派遣先に連絡することが筋です。

 

ただあんまり杓子定規では生きて行くことが難しいでしょう。

 

とりあえず有給の申請を行ったところ「たった2,3日でいいの? 別に有給あるなら遠慮しなくていいよ」という言葉が返ってきたようです。

直接聞いた訳ではないのですが、こんなこと言う会社ってかなり少ないと思います。元々IT系の会社に居たので、ユーザー系の会社とはこうも違うのかと驚きました。

初めて聞く言葉で、こんなときどういう顔をしていいかわからなくなりました。

 

世の中ブラック企業で溢れ返っていることは誰しも想像に容易いですが、逆にこういう従業員に対して超ホワイトな会社もあります。

 

人生良い時も悪い時もありますので、良い時は良い事を笑顔で噛みしめたいと考えます。 

スポンサーリンク