読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ソースもないのにブログを書いていいと思う。そこに自由があるから

私のブログだとソースがある記事はかなり少ないと思います。もうこの時点でソースがありませんが。

 

ソースを出して記述を行う場合、どこまでがソースでどこからが想像か明確にしないといけません。また、ソースを超える範囲で書く事が難しくなってしまうように感じます。どうもこの感覚が、ソースという重力に魂を縛られているような錯覚に陥ってしまいます。

 

また、違う見方をするとソースの上に居る状態というのは、絶対的な正義の上にいるともとれます。ソースの上で理論を展開していれば、自分が絶対に正当化される状況と言えるのではないでしょうか。

 

ですが、人生いろいろで、普段の生活でそんなに正しい状況で発言できるケースは限られると思います。仕事でメンバーのミスがもとで自分を含むチームのミスとなることもちりますし、そもそも自分がミスをすることもあります。こういうときは圧倒的に不利な状況で説明に赴かねばなりません。

ブログくらい息抜きしたい、楽に書きたい、という主張は十分に理解できます。というか自分で書いてみて妙に納得してしまいました。

 

ソースがあるときは共感者がいる状況ですし、ないときは賞賛も罵声も全部自分のものですし。ソースが無いと書いてはいけないということは無いと思います。

スポンサーリンク