読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

9月1日のことを大人側として考えてみました

人生観

9月1日のことを他の方のブログでちらほら見かけます。

社会人でいうサザエさん症候群かなぁと感じました。

 

「会社を40日くらい休んで、さあ出勤!ってかなり大変。ちょっと今日はサボリで近所のコンビニに行って立ち読みしてみよう。明日から本気出す。」

こんなイメージで考えてみました(私だけかもしれません)。

 

立ち読みしている人に何と声を掛けるか、なんて考えにくいです。声なんて掛けたらナンパと思われるかもしれません。店員さんに通報されてしまうかもしれないですし。

 

もしくは職場で深刻なイジメがあって時間つぶしのために居るかもしれません。

で、仮に職場でイジメがあると言う事実を知ったときの対応ですが、「何もしない」という選択肢をとらざるを得ないと思うのです。その会社に踏み込んで当事者達に説教なんてことはしないでしょうし。

 

その人が言葉にして出せただけでも、その困難の大半が解決しているのではないでしょうか。聞くだけで十分。ストレスとして吐き出させることで、新たな自分に会いに行こうと思わせるきっかけになり得ることが期待できます。どうしたいか、どうありたいかを考えるきっかけ、それだけしかできないことですし。

 

ただ学校は義務教育なので、会社勤めとは性質が違います。「義務なんだから絶対行くべき」と脳死している人も一定数居るでしょうし。

ターゲットとならない立ち回りとか処世術というようなものが必要なのではないかと思いますが、これはケースバイケースですね。

スポンサーリンク