意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

【習慣バスケッター 第2回】バスケット教室初体験は、裂けて血が出て痛い想い出に

前回はこちら。

 

suechan.hateblo.jp

 

で、先日教室の初回がありましたので行ってきました。

 

最初はストレッチから始まります。念入りに準備を行います。

 

続いてドリブル練習です。まずは右手でドリブルして体育館を走ります。見よう見まねでそれなりにできます。というか周りうまい人多すぎでは?

続いて左手でドリブルして走るのですが、うまくボールを弾ませることができません。まるで、あんたがたどこさー状態です。すごく恥ずかしい。周りをみる余裕なんてありません。

この後ドリブル練習は、低く、左右交互、スキップ、足を交差と多岐に渡って行われます。当然ぐてぐてのまま進みます。

 

某漫画ですとこのままドリブルで1日が終わってしまいますが、続いてはなんとシュート練習がきました。やはりボールを持っているなら、先生・・・、シュートがしたいです。

 

まずは近くから、少し離れて、左右反対から、正面から、フリースローラインから、となったのですが、問題が発覚します。

 

フリースローラインからゴールまで届きません。

 

もともと腕力のなさに自信があるのですが、ここまでとは驚きました。ちょうどボール1つ分くらい届きません。膝をもう少しうまく使うと、届くようになると思います。練習してうまくなろう。

 

最後は試合形式の5on5です。20人を5+5+5+5に分けて交代で行います。5分間くらいの試合時間ですが、かなりしんどくて、全身が悲鳴を上げます。

 

走り出したらすぐに止まることができず、数歩歩かないと止まれません。止まれずに体当たりしましたし、体当たりされたりもしました。ヘロヘロで極限ともいえる状態なんて何十年ぶりでしょうか。

 

そしてその時は突然やってきます。

 

外に出るボールを追いかけて、ドスンと鈍い音をたてて顎から床に落ちます。もんどりうって転ぶという表現が正しいかもしれません。

 

くぱぁ

 

と、音がしたかわかりませんが、落ちた衝撃で裂けたのか、床の切れ目がひっかかったのか軽く痛みが走ります。このときは気づきませんでした。

そして交代の時間となったためコート外で観戦して汗を拭いていると、タオルに血が着いています。というか血が滴り落ちています。

あわてて洗面所に行き、冷やすことであふれ出る状態はどうにか収まりました。

 

そしてその日の教室は終了時間となりました。

 

なお筋肉痛は翌日から来ました。遅れたりしていませんのでよかったです。

 

 

次回はこちら

 

suechan.hateblo.jp

 

スポンサーリンク