意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

携帯電話料金の引き下げ発言について思うこと

先日、首相からタイトルのような発言がありました。

確かに個人的に高いなあと感じます。もうちょっと安くなると嬉しいとも。

 

ただ、民間企業に対して首相が発言するのはどうなんだろうと思います。事実的に社会のインフラだから?とも言えますが、車メーカーに同様な発言は記憶がありません。

 

 

よくわからないことだらけですので、少し切り口を変えて考えてみました。

 

当然ですが、私はアマチュア無線の免許を持っております。今で言う4アマというもので、取った当時は電話級と呼ばれていたものです。

 

この免許は「(免許で定められた範囲の)電波を発射する装置を操作してもよい」というものです。また、電波を発射する装置について別途申請する必要があり、申請することで「免許状」というものを発行してもらえます。申請先は総務省です。

 

総務省 電波利用ホームページ

 

電波には帯域(周波数)というものがあり有限です。極端な例ですと救急車の無線と、携帯電話の電波が混信すると非常に困ることは簡単に想像できます。このため、帯域を分けてそれぞれの通信が阻害されにくいように管理しています。

 

また、免許状と合わせて電波利用料というものを納めなければなりません。

 

総務省 電波利用ホームページ | 電波利用料制度

 

このページによると、不法無線局の取り締まりや、研究開発目的に利用するためと記されています。

 

 

ところで、今使っている携帯電話でアンテナが立たない時があるのだろうか?

一昔前ですと、地下街でつながりにくかったり、電車でつながりにくかったりということはありました。

 

ですが、今はつながらない場所ってかなり限られています。

これを逆に考えると、各キャリアは頑張って基地局を増やしていることとイコールになります。社会のインフラたらんがゆえに。

 

先のページで「無線局情報検索」ボタンー「無線局等情報検索」ー「(目的で探す)携帯電話・PHS」とたどると、各キャリアの基地局が出てきます。

少し見ると、かなり多数の基地局が見つかります。ここに出ているということは免許状があり、電波利用料を納めているはずです。

 

 

で、私には知るすべがないのですが、キャリアが支払う電波利用料はいくらだろう?

ちなみに私のアマチュア無線の場合、年間300円(昔は500円でした)です。

スポンサーリンク