意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ウェーイ系ってなんですか?

ちまたを賑わせている「ウェーイ系」という単語の意味がわからない、アラフォーおっさんです。

ナウなヤングが生み出したカルチャーだと思っています。

 

ぱっと想像したのは、1軒目に居酒屋で呑み、2軒目も呑みたし、3軒目はカラオケ、4軒目にラーメン食べ、そうこうしたら午前2時を回っていて、タクシーで家に帰った。これがアラフォーおっさんのイメージした「ウェーイ」です。

 

もうこの時点でジェネレーションギャップがあるのでしょう。見渡してみてもそういう記事はまったく見当たりません。

ニューなジェネが生み出したカルチャーがあるのかもしれません。が、今時点ではそれが何かわかりません。

 

普段はハキハキ書くのに、オフラインのネタ(オフ会等)を歯切れ悪く書くからなのでしょうか。こうあからさまに何かを隠しているみたいな。

もし(読み手の立場とした場合で)歯切れが悪い言い回しがモヤモヤしてしまうという場合は、自分の会社の課長以上と重なってしまうのしょうか。そう言われるとこの点に関して納得です。

 

あと、新着エントリーのみで見かける人で、いいなと思う文章を書く人を見かけることがあります。なんでブクマ付かないんだろうと。

気になることではありますが、ブログサービスを提供する会社として、そういう方針なんだと考えます。嫌なら・・・という台詞もありましたし。

 

 

ブログは、存在することがすばらしい、続いていればなおよし。

自分の言葉で綴った言霊にはきっと意味が存在する。そう信じて続けます。

スポンサーリンク