読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

MavericksからEl Capitanにアップグレードしてみました。Photoshop CS6の起動を確認しました

使用しているMacは、MacBookPro13インチRetinaの2013-Lateで、購入時からMavericksを使用していました。

 

ですが、Mavericksだと不都合があり、先日購入したiPhone 6のAirDropで通信できないことが発覚しました。

もうこれは慌ててアップグレードすることにします。

 

ちなみにYosemiteは、アプリの動きが厳しくなっている噂があったことと、Mavericksでも不満はなかったので、今の今までアップデートを見送っていました。

しかし、今回は少し困っているので、Mavericksから直接El Capitanにアップグレードとなります。

 

なお、出たばかりのものに手を出すのは新しいもの好きがやることですので、あまりお勧めできることではありません。仕事で使っているなら、なおさら慎重に行うべきです。

あ、そういえば、ブログの更新のためにMac使っていました。

これは早計だったかもしれません(ぇ

 

アップグレード処理を開始してお風呂に入ってしまったので、どのくらいの時間がかかったか不明です。多分30分くらいで終わったと思われます。

 

 

さくっと手持ちアプリケーションの動作確認しました。

  • Lightroom 5・・・起動を確認。多少操作を行い、特に異常は見当たりません
  • Photoshop CS6・・・起動を確認(認証解除を忘れたままやってしまいました)。主にブログ画像用のモザイク処理をやらせていますが、問題ありません。

 

またMavericksで全体的にもっさりしていた動作が、El Capitanでキビキビと動くようになった気がします。アプリの起動とか、Safariの閲覧だとか速度が違います。これは手元の環境によりますが、当方のMacBook Proでは良好な状況が得られております。

 

あと、アップグレード直後にUSBの外付けHDDを認識しないことがありましたが、Mac本体の再起動でことなきを得ました。おかしい時は再起動というのも定番なんでしょうか。(※追記あり)

 

今時点では良いアップグレードだと感じます。

 

 

2015年10月8日追記

Parallels Desktop 9上のWindows8.1でExcel2013が起動することを確認しました。なお、Parallels Desktop 9はEl Capitanの動作保証をしておりません。

 

 

2015年10月16日追記

USB接続のTime Machineディスクを認識させるために再起動が必要になっています。Mavericksのときは繋いだら認識していたので、少し残念なことになっています。

スポンサーリンク