意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ストレスとかで人生に迷走しているので瞑想してみた

どなたの言葉か忘れましたが、「瞑想することを日常に取り入れるべし」という言葉を見かけました。

 

そもそも瞑想とはどういう状態を指すのかわかりませんでしたが、「何も考えない状態」のこと。(違ったらすみません)

何かに想いを巡らせる状態でもなく、無心になる。言葉にするとただこれだけです。

時間は5分くらい?でしょうか。多少長くても良さそうです。

 

 

今現在、病院行かなきゃ、買い物行かなきゃ、ブログ書かなきゃ、録画消化しなきゃ、などなど、非常にテンパっている状況です。

そんな状況で瞑想なんぞに時間を使っていられない、という思いもあります。ただ、この状況は数ヶ月前から続いており、状況が一向に改善する見込みがありません。どうすれば、このテンパりの輪廻から脱することができるのかわかりませんでした。

 

 

休みの日に瞑想を2回試すことができましたので、その結果を書いてみたいと思います。

 

1回目はどうにも体がだるくて何に対しても集中できないときにやりました。昼ごはんを食べて少し経っていた13時過ぎのことです。

 

とりあえずiPhone6で5分間のタイマーをセットし、楽に座った姿勢で無心になろうとします。しかし、やらなきゃいけないことが頭の中に溢れてきて、とても無心になることが困難でした。

 

そこで自分の呼吸に集中することにしました。吸って、吐いてという行動に対して神経を集中し、他事を考えず呼吸に集中します。少しずつゆっくりと。

 

すると頭の中が静かになります。音が無くなったかのような感覚です。

そこまで来たら今度は呼吸に集中することを止めます。言葉にすると「何いってんだ?」となりますが、これができたときの感動はひとしおです。意識して無心になることは、それなりに難しいことだと思います。

 

で、ここまでできたらどうなったかと言いますと、そのまま布団を敷いて5時間眠ってました(ぇ

どうやらひどく人生に疲れているようでした。

もし、瞑想をしなかった場合、無理やり効率の悪いまま起きていて、テンパりの輪廻にいたことになると思います。

 

もう1回は今日のことです。とても良い天気で、暖かい日差しが部屋に入っていました。そこで日差しが入る場所へ移動し、のべ1時間ほど座っていました。座って目を閉じ、まぶたに日差しを感じる状態でした。呼吸に集中し、そして集中することを止めます。

すると、すごく解放された気分になり、とても楽になりました。テンパりが「なんでそこまで考え込んでいたのだろう」という感覚です。

 

 

つらつらとここまで書いてみましたが、あやしい宗教っぽくてすみません。

ただ、お金はかかりませんし、ファミレスで人を紹介したりとかしません。一人で数分でできますので、おすすめできます。

 

迷走Mind

迷走Mind

  • 菊地真(CV:平田宏美)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スポンサーリンク