読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

7ヶ月かかってブログの月間PVが1000を超えました

先月の月末にようやくこの文字を見ることができました。

 

f:id:Suechan:20151105213940p:plain

 

やっとです。やっと月間が4桁になりました。意外と増えていくのですね。書いている当人もびっくりしています。

 

 

アクセスの多い人気記事は右に出ています。これらから推察すると、時々ネタが読まれる傾向が高いように見えます。しかもジャンル無関係に。

よく「ジャンルごとにブログを分けた方が良い」というの見かけますし、私自身もそう思います。

ただ、右の状況を見る限りにおいて、果たしてそうなのだろうかと疑問に思うようになっています。

 

例えば「びっくりドンキー ブログ」でGoogle検索すると、このブログが1ページ目に出てきます。軽くというかまったく理由がわかりませんが、とにかく今現在は出ます。

こうしてこのブログにランディングしてくれたにもかかわらず、ブログを分けていないと、離脱とか直帰とかに繋がってしまいます。このブログ全体の離脱率は90%くらいのようで、これはほぼ最近のアクセス傾向の数字と一致します。

 

つまりほぼ、一見さんブログになっています。

ただ、近年はGoogleさんの精度が上がってきているように思いますので、以前の常識というのはいつまで通用するのか疑問を持っています。

 

もしジャンルをきちんと分けていれば、もう少しアクセスを稼げる気がします。

ただこのブログをどうしたいかと言えば、徒然にとにかく書くということをコンセプトにしています。

 

今自分ができることをやる、その後で振り返ればいい。とにかく止まらず進む。

 

という想いです。あいかわらずかなり恥ずかしいポエムです(笑

今は修業中の身ですので、一生懸命つまづいて、転んで、泣けば良いと思うのです。

 

そのうち何か見える瞬間がきますので、そのときに次のことを考えようと。その際にはつまづいて、転んで、泣いた経験が生きます。

特に、一生懸命やった何かというのは、絶対無駄になりません。これは経験則です。

今の仕事も、30年前に勉強した知識が役立っています。PC以外の知識です。あの時やっていたので、知らない人より先に進んだ状態で、仕事に取り組めているのは間違いありません。

 

 

と、青臭いことを散々並べてしまいましたが、ブログの上くらいは綺麗事を並べてみたいです。リアルでこれを言ったら、言葉の龍虎乱舞を喰らいそうですので。

10年先の自分のためにブログを一生懸命やっています。これからも雑多な話ばかりになると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク