意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRが気になる今日この頃

前置き

 カメラの被写体は主に風景や車がメインで、少しだけ飛行機などがあったりします。レンズは55-300mを使用していますが、いかんせん300mm(450mm換算)では足りないと思うことが多々あります。
 ボディがD5000のため、他メーカーのレンズは選ばないようにしています。
  
 ちなみに300mmを超えるレンズですと、

 f:id:Suechan:20151123210224p:plain

 (※価格.comより)
 
 とたんに値段が跳ね上がり、手を出せる値段ではなくなります。
 
 

そこへ救世主が颯爽登場

 最近、表題のAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRというレンズが登場していました。なんと500mmまでいけます。これなら車も飛行機も思いのままに撮れます。
 
 でも、お高いんですよね? そう思いますよね?
 なんと、今は特別な価格にてご提供しているようです。お値段はズバリ!

 f:id:Suechan:20151123210915p:plain

 (※価格.comより)
 
 15万円ちょっとのお値段でのご提供となるようです。
 
 なんとお安い!
 
 冗談のような話ではありますが、上の70万を見た後ですと、本当に安く見えてしまうのが怖いところです。
 
 

おや、すぐ近くにNikon 1という沼がありますね

 心がほぼ傾きかけていたところでいろいろ調べていると、なんと810mm換算という情報を得ます。

 f:id:Suechan:20151123212341p:plain

 (※価格.comより)

 

 とてつもないやつが来ました。ちなみにこのレンズが使えるカメラは

 

 f:id:Suechan:20151123212746p:plain

 (※価格.comより)

 

 Nikon 1というミラーレスのタイプのようです。

 ミラーレスというと画素が心配ですが、約2000万画素あるとのことで、約1200万画素のD5000より多いです。

 もちろん「画素が多い=綺麗に撮れる」というわけではありませんが、指標にはなります。参考画像を見ても十分な画質が得られているように見えます。

 

 なにより200-500mmのレンズを買うのと、Nikon 1のボディとレンズを買うのと、ほぼ同額ということが、悩みを増やします。

 

 また、200-500mmは重さが約2Kgあることも、心の重しとなっています。2Kgはまだ軽い方で、高いレンズですと3Kgのものもあり、ちょっとした鈍器となります。

 これらの装備を持って撮影場所を探してうろうろして、被写体めがけて振り回して、帰って来る、というのはちょっとしたトレーニングとも言えそうです。

 
 

まとめ

 今すぐに必要ではないので、しばらく手を出すことはありません。今回は選択肢だけメモしておきます。
 
 
2016年6月13日追記
 先日このレンズの実物を見ました。あれほど太くて長いとは。一度実物を見た方が良いです。
 
 
 
 余談ですが、よく底なし沼に例えられることがあるかと思います。レンズ沼や一眼レフ沼など。ですが、これは少し間違っていると思うのです。
 
 そもそもはカメラ沼というものがあると考えています。
 
 例えコンデジだろうと、そこに足を突っ込んでいると思うのです。
 ただ、ある程度浸かった方が、楽しく生きることができると思うのです。カメラ道を志す者として、そう信じて前に進みたいと思います。
 
Nikon ミラーレス一眼 Nikon1 J5 ダブルズームキット シルバー J5WZSL
 

 

 よろしければこちらもどうぞ。

suechan.hateblo.jp

スポンサーリンク