読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

食事などでコスパというとどうしても思い出すフレーズ

前置き

 ブログで食事についての記事をいくつか見かけました。高コストな食事の記事をいくつか見て、エンターテイメントの領域だなぁと。

 

  • 映画を見て、見てよかったと感じる。
  • 食事をして、食べてよかったと感じる。

 

 お金を出して満足を得るということでみれば、私はどちらも同じだと思うのです。

 

 

正比例しない

 一定領域までは、コストと満足が比例すると思います。お金を出したら出した分だけの満足が得られる。これはおそらく誰しもが経験していることだと思います。

 しかし、一定領域を突き抜けたコストをかけたとき、正比例していない満足にしかならないことも、知っている人は多いと思います。

 

 

ここで思い出すあのフレーズ

 2位じゃダメですか?

 

 誰しもがこの言葉を知っていると思います。そして怒りに近い感情を抱いた人も多かったのではないでしょうか。

 

 当時の私も

 「それ、F1やっているチームに言ってみてください」

 と考えていました。

 

 

今改めて考えると

 ですが、勝負ごとで勝ちを狙いにいくことは当たり前のことですが、それいくらかかるん?というHow視点もあります。

 

 例えば、2位になるのには1000万円、そして1位になるのには5000万円かかる、という状況だった場合、どちらを選択するか。

 選挙などが例になりそうですが(もっとお金はかかりますが)、いくら使えば1位になれるかわからない、というケースも考えられます。そして、1位になれないのであれば、出馬しないという選択肢があります。

 

 食事も「いいものは食べたいけど、そこまでは出せない」という人はたくさん居ると思います。

 

 

まとめ

 身の丈にあった食事をしましょう(ぇ

スポンサーリンク