読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

この国で生きるだけでもお金がかかる

f:id:Suechan:20151225214852j:plain

 ざっと月にかかるお金を見積もったところ、

  • 健康保険 約2万5000円
  • 国民年金 約1万5000円
  • 住民税 所得に応じて
  • NHK受信料 約1500円

 主に公的なお金ですが、4万円以上はどんな人でも必要になります。

 

 これ以外に、私的な分ですと、

  • 家賃 部屋に応じて(5万円以上)
  • プロバイダ料 約5000円
  • 携帯 5000円以上
  • 光熱費 1万円(そこそこ節約しているつもりです)
  • 車維持 2万円以上(車検、税、任意保険、駐車場)

 実家に住むことで、かなり安くすることもできますが、普通は親が先にいなくなりますので、いずれは自分が負担しなくてはいけません。

 あと、車や携帯は無くても生きることはできるとも言えますが、それは「この国で生きている」うちに入るのだろうか。贅沢品と言われればそうですが。

 

 ざっと見積もって月10万円以上は稼がないと、この国で生きることはできません。

 また子供がいれば、学費等がさらに倍プッシュで来ます。

 

 月10万円稼ぐことは、それなりに大変なことだと思います。

 まともな会社に就くことができれば、お金は維持できるでしょう。ただ、まともな会社でも、あるいはまともでない会社ならなおさらイロイロあったりして、稼げなくなるときはあるかもしれません。

 

 やはりなんらかの稼げる手段は持っておくことが保険になりますが、それに気づくことに遅れてしまうとなかなか大変です(←今ココ

 

 一人でどうこうしようというより、他人と関わることを大切にした方が良いかもしれません。自分一人の能力なんてたかが知れています。

 他力本願ではないですが、知り合いの知り合いの・・・という繋がりがあり、それで縁あって仕事に就けたこともあります。

 昔でいうところの、コンパ(え?わからない???)で知り合った人でさらにコンパを開いて、さらに・・・で結果はボーズということもありますが(笑

 

 ピンチがチャンスなんて、絵に描いたような物語かもしれませんが、過去それで乗り切ることができたことはあります。現に今こうしてブログを更新していますし。

 

 心がまともなら、なんとかなるはずです。そのためにきちんと運動して、食べ物に気を遣って、好きなことをする。心がよくないとどうしても顔に出てしまうので、これだけは注意したいことです。「顔色悪いね」とか言われてしまうこともありますし。

 

 

 と、クリボッチ(クリスマスの一人ぼっち。ラジオで言っていました)に思いを馳せてみました。

スポンサーリンク