意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

仕事と私とどちらが大事か

 新年早々に見たく無い言葉かもしれませんが。

 

 一般的に見ればこの言葉が出てくるのは、仕事にのめりこみ、家庭を顧みない人に対して使われる言葉だと思います。

 

 平日は数時間残業して、土日も出勤する。家に居るのは寝るだけ、みたいな状況。

 

 そもそも論ですが、「それって生きてるの?」という警告に聞こえます。もちろん、あと一週間だけとか、今月いっぱいまで、など目処があるなら、そういう時期もあるでしょう。

 しかし、それが恒常的に行われている場合は、表題の言葉が出てきても不思議では無いと考えます。

 「私」という単語はその人自身を指しています。つまり「仕事」と「自分自身(体)」のどちらが大事か?という意図ともとれます。

 

 

 政府主導で働き方改革などという単語が出ていますが、「進め一億火の玉だ」気質はなかなか変わらないのかもしれません。

 

 でも、時代は変わりつつあります。変わろうとしている雰囲気は感じます。このままの時代ではなくなると思います。

 

 私の生きているうちに変わり切るかどうかわかりませんが、若い方々は新しい時代で生きることになるはずです。将来来るであろう時代に備えて、しばらくの人生を生きてみたいと思います。きっと何かある気がします。

スポンサーリンク