読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

福袋とはとても素晴らしいアイデアだと思う

 初売りによくある福袋。

 私は買ったことがないですが、毎年開封報告などを見かけます。で、毎年必ずあるのが、原価割れだの、欲しいものが入っていないなどの、怨みつらみの言葉。これらの行動がまったく理解できないのです。

 

 なんで毎年飽きもせず恨み節を吐き出すのか、理解ができないのです。最初からわかっていることだと思うのですが?

 

 価値が無い(売れ残り)物を外から見えないようにして、綺麗なラッピングを施し、あたかも価値があるかのように見せる。

 そして、クレームが来ても「福袋だから」で済んでしまう。あるいはお祭りとして扱われる。

 今の時代、ゴミを処分するにもお金がかかります。にもかかわらず、売れ残りゴミにお金を出して買い取ってくださる方々がいる。それはもう神様とも言えるかもしれません。お客様は神様というのは、嘘ではないかもしれません。

 

 こう考えると、福袋とはエンターテイメントとしてとても素晴らしい企画だと思います。最初に考えた人はすごいと思わされます。これは見習うべきところです。いかに気持ち良くお金を出させて、なおかつリピートまで見込める。このような企画を考えることは容易ではありません。

 

 お金が余っていてしょうがない人は、このお祭りに参加すべきです。そうして経済を回してもらわないとみんなが困ります。

 参加方法は簡単で、お店の前で列に並ぶだけ。このお手軽さも良いですね。

 

 

 あと、テレビで見たのは「一年で一番お買い得な時期はこの福袋の時期。だから福袋を買いましょう」と。

 

 パソコンや家電製品にちょっと詳しいつもりですが、一年のうちでこれらが一番安いのは、1月の中旬から下旬である来週か再来週です。あと株も同様です。続いての時期はGWです。ほんとかよと思われる方は、自分の目で価格を確認してみると良いと思います。多数の傾向ですので、個別の確認はしてください。

 

 ボーナスがあった人はちゃんと残しているでしょうか?

 予算の貯蔵は十分でしょうか。私達の福袋はこれか・・・おっとこんな時間に誰だろう?

スポンサーリンク