意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ブログを300日連続更新してわかったひとつのこと

f:id:Suechan:20160109162520p:plain

 

 とりあえず、やってみました。

 周りを見渡せば、1日3記事とか書く人がいるので、たいしたことではありませんが。

 

 そもそもは、なんかやらないとヤバイ、と思ったことがきっかけで始めたこのブログでした。いろいろ自分の中で閉塞感が見えてきて、藁にもすがる思いでスタートしました。

 当然、毎日書くことを準備している訳もありませんので、何か書く(吐き出す)ことは無いかと、毎日悶絶しながら更新していた記憶があります。また、過去に書いたことではなく、なるべく新しいことを書くようにしてきました。

 そういう追い詰められた状況ならば、本当の自分というものが出てくると想定していたためです。

 

 自分とは何か? やりたいことは何か? できることは何か?

 

 よくある自己啓発本で、自分の棚卸しとかそういう言葉が使われるかと思いますが、それを実践してみようと。そしてやってみた結果が、小難しいことを並べたり、斜に構えることが好きな傾向があります。それもキャラではなく本心で。

 こうやってみると社会に馴染むことが難しいというのが、よく理解できます。一匹狼にはなれなくとも、一匹ウサギを目指しているかもしれないということが。

 

 と、こんな感じでうだうだと書くようなことが好きというのが、ブログを通しての自己分析です。ゲームや車の記事が多いので、これらが好きな対象となるかと思います。

 

 

 もう四十を過ぎて、新しいことにチャレンジすることは、億劫になりがちです。ですので、うまくやろうとせずに続けることにだけに集中すれば、なんとかできます。たとえそれが小さなことでも。しかし、小さなことでも続けると、自分の柱にすることができ、それを軸に生活が回り始めます。

 

 特にバスケを始めたのは、ブログをやっていたおかげです。もしブログをやっていなかったら、「運動を習慣にするべき」という言葉を見ることも無かったはずです。全くの初心者でも、続けることができているのは驚きでしかありません。年明けから教室が始まりましたので、再開しています。

 

 あとは、本を読むことが大切というのも、ブログで知ったことです。だいたい1ヶ月に1冊ペースで読んでいます。また、買わなくとも図書館にあれば読めるということも、貴重な情報です。

 

 

 ここまでいろいろ書きましたが、ブログを300日連続更新してわかったのは、

 

 思いついたことは習慣にできる

 

 このひとつだけです。

 「とりあえずやってみよう」からのスタートでも、割と続けることができます。思いつきから始まる習慣は、今後もこのブログに記していきたいと考えます。

スポンサーリンク