読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

月間アクセス数が5000を超えた喜びにあふれる

 ようやく月間アクセス数が5000を超えるようになりました。見に来てくださる方に感謝したいと思います。

f:id:Suechan:20160201194119p:plain

 

 アナリティクスの数字と微妙に違いますが、細かいことは気にしない方針で。

 

 

 よくPVやアクセス数は公開しない方がええのでは?というのを見ますが、私は単純に嬉しいので書いてしまいます。

 この恥ずかしいグラフを見てもらえれば、多少は同情してもらえるでしょうか。同情するならアクセス数をくれ!と。

f:id:Suechan:20160201194924p:plain

 単位が"日"ではなく"月"というところがもう、見るも涙、語るも涙とはこのことでしょう。あと2桁増えてから出直せ、というのは無しでオナシャス。それを言われるとうぐぅの音も出ません。たい焼き食べたいですね。

 

 まさに泣かず飛ばずを具現化したようなグラフです。特に悪いことなどしていないのですが。

 しかしこれは良い方にとらえればこれは右肩上がりなグラフです。そういうことにしましょう。別に目から汗など出ていません。

 また見ようによっては、"2015年10月に出来高を伴って上昇"と考えれば、上昇局面の真っ只中です。旬です。お買い得です。だといいですね。

 

 

 上昇の記事はこちら。

suechan.hateblo.jp

 

 とこちら。

suechan.hateblo.jp

 

 あと、検索流入が90%を超えているのも特徴です。

 f:id:Suechan:20160201200251p:plain

 これは最大瞬間風速ではありますが、90%付近をうろうろしています。

 

 

 他の人にスターも付けない、ブクマも付けない、などとしていますので、なかなかアクセス数は伸びません。

 当初想い描いていたブログライフとは全然違いました。しかし然の結果です。もういいよ、わたしはてなをやめ・・・たりはしないです。

 

 

 20年くらい前ですが、インターネットで日記を公開することはおそらく大変だったと想像します。自分はしていませんでした。

 レンタルサーバーを借りて、セットアップして、ドメインを取って、日々更新する。また、ドメインも今のように投げ売りの値段ではなく、年間1万円とかもあった気がします。Whois代行も無く自分の氏名と住所を、全世界に知らしめなければならない時代でした。

 また、日々の更新も、回線が遅いためなるべく転送する容量を減らして、更新できるような工夫がなされていた人もいます。

 

 これらを思えば今の環境はとても恵まれています。特にサーバーの知識とか無くてもサクサク作れる時代です。複数個のブログを開設することも容易ですが、昔は作ることすらも大変でした。

 

 と、おっさんの回顧はこのくらいにしないと解雇されそうなのでやめます。

 

 ここまで様々なことが簡単になった以上、何を伝えていきたいか?ということを考えると、おっさんであることを売りにするのも良いのかなと。

 今までつちかった知識や知恵でなんとか生きてみたい。そんなアラフォーおっさんの切実な想いを綴っていく。そんなイメージで。正直あまり綺麗な文章は書けませんが。

 また、雑記として好きなことを好きなように書いていく。でも、誹謗中傷は無しというスタンスでいきます。が、ときどき皮肉は書いてしまうと思います。

 

 どうぞ今後とも生暖かく見守っていただければと考えます。

スポンサーリンク