読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

副鼻腔炎でついに出た

  前回の記事はこちら。

suechan.hateblo.jp

 

 副鼻腔炎の治療を続けています。

 なお以下を読む際、食事前後の方は戻るボタンを押して頂く方が賢明です。

 

 

 通常、副鼻腔炎(蓄膿)の場合、常時青ばなが出ます。鼻腔内(副鼻腔以外の鼻腔も合わせて計3箇所あるそうです)が強い炎症を起こしているので、体がバイキンを外に出そうとして、それが青ばなとなるようです。青ばながさらにたくさん溜まることで、外に出づらくなることがあるようです。

 

 また、本人はすごい異臭がします。ただこの異臭は、本人はすげー臭いと感じるのですが、外には行っていないと思います。タブン。

 

 青ばなを極力外に出すべく、こまめに鼻を"かむ"ことが大切ですが、あまり力んで"かんで"しまうと別の病気になってしまいます。この辺りがとても難しく、デリケートな対応を行う必要がある病気です。

 

 さて、先日私にもごっつい青ばなが出ました。痰のようなやつが鼻から出るので、普通の青ばなでないことはすぐにわかります。

 通常は青ばなは副鼻腔炎になった最初から出るものなのですが、以前の経験により、青ばなになるまで悪化するよりも前に治療を始めました。

 

 過去の自分より、今の自分は成長した姿でありたいと考えます。おっとこれは、良いことを言ったつもりです(ドヤ顔

 

 話がいつものごとく逸れましたが、今まで青ばなが出ない状況でした。これだけを見ると副鼻腔炎は疑わしく、お医者さんも「青ばな本当に出ないの?」と何度も聞かれていました。ただ、レントゲン写真で炎症が起こっていることは確認しているので、副鼻腔炎として治療を受けています。

 

 なお、今痛むのは左の副鼻腔なのですが、青ばなは右からおでましになられました。そっちやないねん・・・。

 

 多分反対側でも良好な方向に向かっていると思いますので、治療を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク