意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

カレーなる日々

 週1回、Style Oneの"カレー・肉じゃが"を使ってカレーを作るようなりました。

 

 カレーを作ることがほぼ人生の一部となりつつあります。自分で作ったカレーのおいしさはひとしおで、食べるとやはりほっとします。

 今私とっても充実してるっ!というセリフを何度だって言えそうです。

 

 

 しかし、疑問が生まれます。何故そうまでしてカレーを作るか?

 どうしてそこまでカレー作りを強いられているか?

 いったいカレーに何があるというのか?

 

 

 答えは簡単です。カレールウがそこにあるからです。

 

 

 どういうことかというと、普通に食料の買い出しにスーパーに行くと、

 「お、今日バーモントカレーが安売りしてるじゃん」

 とか、

 「おや、今日はジャワカレーが安い日か。仕方ないな」

 などなど、甘い誘惑?いや辛い誘惑と言うべき、のっぴきならないことがあるのです。スーパーとは恐ろしい場所です。

 根っからの貧乏性ですので、「安売り」という単語にはとても弱くて敏感です。

 

 さすがに、自転車漕いで隣町まで行くとかはしません。それは自分の時間というリソースの価値をどう考えているのか非常に疑問な行為ですが。私の時間が高いという意味ではなくて、洗濯とか他にもすることあるから時間は大切にするべ?と思うのです。

 

 話が逸れましたが、安売りしているモノを見かけたとき、そのうち使うモノであればとりあえず買ってしまいます。

 

 「バーモントカレーがそのうちなくなるから買っておこう」

 とか、

 「こくまろって試したことが無いから買ってみよう」

 などなどを行ってしまいます。こうしたことが積み重なると、ある日恐ろしいことに気づきます。

 f:id:Suechan:20160207211616j:plain

 

 あきらかに買いすぎです。

 

 きれいな箱してるだろ。ウソみたいだろ。未開封なんだぜ。

 

 

 向こう数ヶ月分は買い込んでしまいましたとさ。

 安売りには用心します。タブン。

スポンサーリンク