読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

方言も使い方でコミュニケーションを取るツールとなる

人生観

 f:id:Suechan:20160229204011j:plain

 生まれてこのかた私はずっと名古屋県で育ってきました。名古屋弁も嗜みますが、方言としてしゃべっていないつもりです。エセ標準語でしゃべっているつもりです。本当は若干関西よりな喋り方をします。

 

  

 昔話ですがその昔、車で遊んでいた頃のことですが、関東方面に行くことが何度かありました。

 

 

 何度か顔なじみになっているメンツからよく言われたことは、

 「関西弁をしゃべる奴が来たwww」

 でした。

 

 私の返答は毎回ほぼ決まっていて、

 「いや、ちゃうで。うち関西人やあらへんで。ほんまやて」

 と返していました。

 

 コテコテのやり取りに見えるでしょうが、これが結構うけるんです(笑

 うけているのは「やりとりが面白いから」なのか「しゃべりが寒いから周りに合わせて苦笑いしているだけ」なのかはわかりませんが、とにかくつかみはオーケーです。

 

 何度か関東に行っていて、いつものメンバープラス初めて会う方という時があります。初めての人と会うときの最初がコレです。私はドヤ顔で会心のいちげきのつもりです。これを言われたら何かしらの印象がきっと残ると思います。

 

 良くない印象か悪い印象かは置いておいて。

 何かしら印象に残るというのは有益なのではないでしょうか?

 

 たくさんの人と出会っていくと、記憶に残っている人というのは少なくなります。「前に会ったはずなんだけど、どんな人だっけ?」ということはよくあることで、そういうときに思い出してもらいやすいのではないでしょうか。

 好きの反対は無関心とも言われるようですし、印象に残らない(無関心)よりは良いのではないかと考えます。

 

 方言というと若干イメージが悪いかもしれませんが、むしろ方言を自虐ネタにして、初めて会う人とコミュニケーションを取るためのツールと割り切るのもよいのではないでしょうか。

 

 話が飛びますが、親の実家の親族はネイティブスピーカーですので、会話をしようにも「なんばいいよっとね?」と思うことは常です、というかわかりません。江戸時代とかならともかく今の時代の人で、方言がきつくて会話にならないということは無いと思います。考えようによっては、地元の言葉と標準語でバイリンガルだと言い切ってみるとか。

 

 方言も使い方次第で初対面の人とコミュニケーションが取れる便利なツールと言えるのではないでしょうか

 

 

 ちなみに別な機会で関西に行くことがありました。そこではバリバリの関西弁をしゃべる大阪の人と会ったのですが、その人からは「関東の喋り方なんやな」と言われたことがあります。あれれ???

 

 当エントリーは名古屋県の方言はどこなのかを考えるエントリーとなっております(ぇ

 

今週のお題「方言」

スポンサーリンク