意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

引き留めについて思うこと

 先日派遣先の会社に対して辞めたいという申し出をしました。

 

 ちなみに、前の会社のときはコンプライアンスをがっちり守る会社で、過度な引き留めには合いませんでした。言われたのは、「辞めるのではなく一週間くらい休養して(副鼻腔炎の)様子を見てはどうか?」という提案を頂きました。とても丁寧な対応をして頂けたと今でも思います。こんなことが言える管理職の方はイケメンだと思います。

 その時の私の返答は「副鼻腔炎は1週間程度で治る病気ではないので、まとまった教養を取りたい」と返答をし、辞めることとたいしました。

 
 あとは、あまりにもコンプライアンスをガッツリ守る会社だったので、私のような汚れたおっさんには眩しく映り、落ち着きませんでした。普段の会話から察すると管理職の方々は物凄く言葉を選んで喋っていることは理解できていました。その気遣いが少し重く感じてしまったことも理由でした。
 そういうのに慣れておけばまた違う世界に行けたのかもしれないと、今更ながらに思います。
 
 
 さて今回の会社では、全く引き留めがありません。「了解した」という旨の返事も頂けたのかどうか不明で、若干宙ぶらりんな状況です。これはこれで寂しく感じてしまいます(面倒くさいおっさんですみません)。
 
 世間一般的な正社員の強烈な引き留めの話ですと、泣き落としとか給料上げるからとかあれやこれや見たり聞いたりしています。派遣の分際でそんな期待すんな!というのはすげー正論ですし、切るために派遣を使っているというのは十分承知はしとります。
 
 会社とか組織には事業計画があるけど、正社員をメインに考えるのは当然か。そりゃあ派遣は派遣A,派遣Bで考えるわな。派遣Aが壊れたら電話一本で翌月に新品の派遣Cが届く便利な時代ですし。ピザよりは時間かかってしまいますが。
 
 
 引き留めとかどうでもよくなってしまいましたけど、面倒でしかないので無い方がいいですね。来るもの拒まず去る者追わずという考えで生きるから、難儀な人生になってしまいます。この連鎖を断ち切りたい。
スポンサーリンク