読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

残業過多ダメ絶対

 残業の高波という名状しがたい何かにもみにもまれていますが、みなさんお元気でしょうか。

 残業が多目でいっそのことかいしゃぐらし!を始めた方がよいかもしれないと錯覚してしまいそうです。

 

 

 近い将来、日本の人口が減少していく資料を見かけました。人口が減るということは労働人口が減ることと同義(若干違いますが)です。近年は政府主導で働き方変革などが叫ばれるようになり、過度な残業を見直す流れが来ています。なんとかして労働者をくい止めたいという国の想いを感じます。

 

 ただ、企業に浸透するのはもう少し時間がかかりそうです。いくつか会社を見て、あと5年や10年くらいはかかるのではないかと感じます。

 というのは、今まで「生活より仕事を優先!」という生き方が美徳とされてきました。その方々は今も企業で現役を張っています。

 その思考を持つ方々が企業から居なくならないと、「仕事も生活も大事」という新たな領域に踏み込んでいくことは相当な抵抗が予想されます。その方々からしてみれば、今までの自分(あるいは同僚達)を否定された気分になるので、満場一致で変わっていくとは考えにくいです。

 

 そんな訳で日々残業(といっても月50時間くらいのペース)に明け暮れる日々ですが、かなり消耗しています。食べるものはなんでもいいやとか、そもそも食欲がわかないとか、彼女ができないとか。・・・最後のは残業関係ないかもしれませんが。

 

 せめて人間らしく生きたいと考えて、今回は契約前に先方に伝えていたことがあります。仕事が表層雪崩のごとく積み上がっていても、週1回は定時で帰ります、と。

 これが予想以上に効果があり、自分でも驚いています。

  • 日々の集中力
  • 日の明るいうちに帰ることができるという非日常感(おかしいですが)
  • 睡眠時間を確保

 これらが混然一体となり奏でるハーモニーは、しつこさがなくそれでいて味わい深い・・・ではなく何の話でしたかね?

 ひとことで言えば「こうかはばつぐんだ」と言えます。

 

 さらには今の課長も理解を示していてくれることも大きいです。「本日はこれで失礼します」と伝えると「いつも遅くまですみませんね」と返答をくださります。退社時は毎日声をかけてから帰ることとなっていますが、いつも爽やかに返事をくださいます。またしてもイケメン課長がいました。流行りなのでしょうか。

 

 かつて居た某業界なら、「仕事あんのに帰るとか何ぬかしとるんや?」と言われたり、帰り支度をする姿を見てから仕事を振ってくる上司、などという微笑ましいエピソードがありましたが、ここは違います。ここまで違うのは、会社なのか人なのかあるいは両方なのか。今でこそネタとしてなら笑えますが、結局のところあの業界とは関わらない方が良かったとしか言いようがありません。

 

 現在残業多目ではありますが、密度の高い良い時間を過ごせています。また、良い勉強をさせてもらえてありがたいことだと思います。

 密度が高い良い時間というのは、冷静に対応できる時間や心の余裕が必要です。この状況を作るには、残業を減らすことで作れると、今回の仕事で確信しました。

 先にあげた集中力や睡眠があるからこそできることです。密度が高いと生きているという実感もわきます。

 

 仕事ですので波がありますが、高くなりすぎないように心がけて生きていきます。

 

パナソニック 洗浄剤 ラムダッシュメンズシェーバー洗浄充電器用 3個入り ES-4L03

パナソニック 洗浄剤 ラムダッシュメンズシェーバー洗浄充電器用 3個入り ES-4L03

 

 

スポンサーリンク