読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

三菱自動車の燃費不正について思うこと

人生観

 三菱自動車の燃費不正ニュースを見かけました。

 思ったことがあるので、遺しておきたいと思います。

 

 

 

 発信が日産となっているので、社内から挙がった声ではないようです。

 新聞かなにかで見たのは、日産自動車が自社で軽自動車を作ろうとして資料を集めていたときに、燃費の乖離に気づいた、という記述でした。

 

 このことの見方を少し変えると、今まで日産自動車は三菱自動車に車を注文していたけれど、今後は日産自動車の自社生産に切り替えるから、三菱自動車からは買わない、ということになります。

 急かどうか、前々から打診があったかどうか、はわかりませんが、規模の大きい話だと思います。

 見ようによっては、日産自動車の軽自動車自社生産の宣伝に見えなくもないです。

 

 

 燃費の計測についても思うところがあります。

 問題になったのは、法律で定められた条件とは違う方法で計測した、というところでした。

 

 ここでいう「燃費」というのはカタログでいのところの「JC08モード燃費」のことを指すのだと思います。

 で、ここで疑問なのですが、このカタログ燃費を信じている人ってどのくらいいるか?という疑問です。

 無意識に2割くらい減算していないですか?

 この状況はあるべきことなのでしょうか。国が違えば「普通に運転して、カタログ値が出ないのはおかしい。実際に近い値をカタログに記載すべき」とユーザーが訴訟を起こしそうな気がします。

 

 ただ、車を買うにあたって、なんらかの基準が無いと買いにくいので、"スコア"のようなものがあった方が買いやすいことは間違いありません。この"スコア"にあたるものがJC08モードだと考えられます。

 この燃費というものは、少々違っても「環境が違う」で片付いてしまうので、「乖離している」とは見つけにくいものです。

 現実離れした数字であるとしても、基準がないと買いにくいというジレンマがあるように思います。

 

 

 あとは「会社独自のルール」を実施していた、というところです。

 「法を守らないのはよくない」というのは当たり前です。が、法に触れるかどうかは別として、「我が社には独自の会社ルールなど無い」と言い切れる会社がどのくらいあるのか。要は、明日はわが身にならないか、というメッセージに見えます。

 確かに悪いことではありますが、あまり執拗に叩くのはどうかと思います。叩いて良いのは叩かれる覚悟がある人だと考えていますので、「いつか自分がその立ち位置なるかもしれない」と考えたいと思います。

 

 

 昔話になりますが、バブル期にパジェロやデリカが爆売れしていた記憶があります。今でいうところの、プリウスを見る頻度、まではいきませんが、それでも街中でよく見かける車でした。他にはランサーターボとかあった気がします。

 

 

 不正はダメ、絶対。ということと、いつかはバレるということを教えてもらえたニュースでした。

スポンサーリンク