読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ジム通いしていたけど、通うのをやめた話

 f:id:Suechan:20160820130154j:plain

 

 もう5年くらい前の話ですが、ジムに行っていたことがあります。

 

 ペースは週一で、土曜日か日曜日に行っていました。いわゆる土日会員というやつです。きっかけは「なんか運動せんとなー」くらいの軽い気持ちで始めましたが、辞めるまで2年くらい通いました。

 

 

 ジムに行った初日は、ジムの人に方針とか聞かれて、基礎体力を上げるメニューを組んでもらい、それを実施するということからスタートです。通い始めた最初のころは「ちんどい」のひとことでしたが、一か月くらいすると二の腕とかに変化が出始めました。

 あ、なんか体に変化が出てきたぬ!

 腕に血管が浮きはじめます。これわ確実にジム効果ですわー。間違いない。そして頑張ったら頑張った分だけ効果がでます、うん、この達成感はとても良いです。

 

 さらに調子に乗って通うと、体の各所の見た目が変わり始めます。体が徐々に変わっていく様を見て、いまわたしとってもじゅうじつしてると感じるときでした。

 

 

 そんな充実感マシマシなジムですが、あんまり行かなくなる時が増えてきます。

 

 そもそも私は自他ともに認める超インドア派です。ゲーム、録画消化、読書など「休みの日にやることが無い」などと困ることはまずありません。そんな私がわざわざ部屋から出ているのに、満たされないことがありました。

 わざわざ部屋の外に出たというのに太陽を浴びれないという問題です。

 

 確かにジムは空調が効いていて、とても快適に運動をすることができるのですが、なんか快適すぎて物足りなさを感じるようになってしまいました。

 

 そもそも外は、夏は暑いし冬は寒いことが当たり前ですので、その当たり前から隔離されているというか、その変化にの恩恵に預かれないことに疑問を抱いてしまうようになりました。今思うと考えすぎかもしれません。

 

 というわけでジム通いはさっぱり止めました。毎月5,000~10,000円くらい掛かっていることもネックでした。

 

 

 ここから本題から若干逸れます。

 今はというと、2年くらい前がウォーキングを行っています。お金かかりませんし、家を出てすぐに始められます。

 

 また、週一でバスケに通っています。 


 書いたのは一年前で、皆勤ではありませんがほぼ毎週行っており今も続いています。ジムで体を鍛えることも大切ですが、何かスポーツをする方が私にはあっているようです。

 

 バスケを始めてから変わったのは、カメラのフルサイズ機が持てるようになりました。

 おめぇ何言ってんだ?と言いたくなるのはわかりますが、まぁおいといて。

 

 そもそもカメラのフルサイズ機を断念する理由として、値段という大きな要素がありますが、次点くらいに重さという要素もあると思います。

 バスケは球技としては大きめで重めのボールを両手で使いますので、それなりに鍛えられたようです。あまり実感はないですが。

 

 ジム通いをしていた頃にD5000(APS-C機)を買ったのですが、「これ以上重いカメラ(D90)は無理」という理由でD5000を選択した経緯があります。腕力があればD90が欲しかったのですが、泣く泣くD5000を選択しました。このときからすると劇的な深化です。

 

 話がとっちらかっていますが、ジム通いだとAPS-C機しか持てなかったけれど、バスケをやったらフルサイズ機が持てるようになった、ということが言いたいだけです。

 「いや、カメラ持つために運動するわけじゃないし」というのも、もちのろんで、理由は人それぞれ。

 

 

 ジム通いしていたころの体の変化の達成感も捨てがたいですが、それなりにお金が掛かるので、そんなにマンセーすることも難しい。ジムに行くお金で、カメラ買えたりするかもしれませんし。

 とりあえず運動するというなら、近所をウォーキングする@がんばらないことをおすすめいたします。四季を感じることもできます。

 

Alteration

Alteration

 

 

スポンサーリンク