読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ZTE AXON 7(日本版A2017G)を買いました―開封の儀など

AXON 7 ガジェット

 本日、家に帰ると不在票がポストに入っておりました。

 f:id:Suechan:20161021213150j:plain

 

 NTT-X Storeから予約注文していたブツが届いたようです。

 早速電話して再配達を依頼すると、ものの3分くらいで宅急便の人が来ました。早いのはうれしいですが、すげーこええです。

 

 

 受け取ったブツはひどく質素な箱です。ここにきゃつが居ます。

 f:id:Suechan:20161021213522j:plain

 

 いざ早速、オープンザ外箱。

 f:id:Suechan:20161021213604j:plain

 

 残念、姿が見えません。いざ、この紙を取り除くと・・・って、髪の話はしていません

 

 紙をかきわけていくとそ こ に は。

 我が家においでやすぅ~、AXON 7きゅん。

 f:id:Suechan:20161021213733j:plain

 

 ちなみに箱の裏はこうなっています。

 f:id:Suechan:20161021213947j:plain

 

 ビニールを取り除き箱を開けると、ついに出ました、AXON 7の本体がっ。

 色はゴールドの方を買いました。注文したときにシルバーが品切れでしたので、とりあえず在庫がある方を選びましたが、個人的にそんなに嫌な色ではないと感じます。

 f:id:Suechan:20161021214004j:plain

 

 本体裏面はこうなっています。IMEIのシールは、はがしてしまっても良いものか不明です。

 f:id:Suechan:20161021214817j:plain

 

 箱から本体を取り出した下にはイヤホン、充電機があります。

 f:id:Suechan:20161021214450j:plain

 

 クリアのラバータイプ(TPU)のケースもついています。

 f:id:Suechan:20161021214710j:plain

 

 充電端子はUSB Type-Cです。

 f:id:Suechan:20161021215024j:plain

 

 付属する充電装置は、ACからUSBにしてUSBからUSB Type-Cになっているもの(iPhoneみたいな感じ)が付属しています。

 また、USB Micro-BをUSB Type-Cに変換するアダプタがついています(写真中央あたりの白いやつ)。

 言葉が変ですみませんが、USB Type-Cの充電器が付属していると思って頂ければ結構です。

 f:id:Suechan:20161021214902j:plain

 

 SIMスロットはDSDS(Dual SIM Dual Standby)対応で、Slot2(写真下側)はMicroSDカードと排他利用です。

 Slot1にデータ通信SIMを指し、Slot2に通話SIMを指すと思われます。別記事で使用方法を書いています。

 f:id:Suechan:20161021215723j:plain

 

 とりあえずSlot1にOCNのデータ通信SIMを指してみました。ちなみにこの後起動させてプロファイルとか設定せずにしばらく放っておいたら、勝手に4G通信が始まりました(ぇ

 主要なMVNOがプリセットにあり、自動認識したようです。

 f:id:Suechan:20161021220017j:plain

 

 ではでは、いざ電源オンっっっ。こいつっ、うごくぞ(お約束

 f:id:Suechan:20161021220207j:plain

 

 起動画面で良い写真がいっぱいでます。カッコイイ!

 f:id:Suechan:20161021220528j:plain

 

 ごちゃごちゃとセットアップをすると、無事に起動しました。つか、音がすごくおっきぃです。

 f:id:Suechan:20161021220646j:plain

 

 試しにカメラアプリを起動すると、

 f:id:Suechan:20161021220825j:plain

 うん、なんかごめん。おじさんにはよくわかんないや。

 

 

 以上で開封の儀は終わりとなります。

 

 機種の細かところは、公式ページを見ていただくとして。

www.ztemobile.jp

 

 主だったスペックとか書いておきます。 

  • 値段:60,000円弱
  • OS:Android 6.0
  • CPU:Snapdragon 820
  • RAM:4GB
  • 内臓ストレージ:64GB
  • ディスプレイ:5.5インチ 2560*1440(WQHD)
  • メインカメラ:20MP
  • 重さ:175g
  • 他:DSDS対応、オーディオDACが高品質らしい

 とりあえず、実物を触らずにスペックだけ見て衝動買いしますた。良い子はマネしないでください。

 Androidのほぼフラッグシップが60,000円くらいで買えるのは、なかなかお値打ちだと思います。Snapdragon 820&4GB&2560*1440というのは、下手すれば8〜10万円コースではないかと。

 スペックにホイホイ釣られて買ってしまいました。

 

 

 少し触った感じですが、動きがめっさはええです。比較対象がSH-06Fなので比べるのもなんですが、とにかく異次元の速度が体感できます。単にCPUが速いだけでここまで速いのかは不明ですが、とにかくあらゆる動作が速いです。

 画面の動きはiPhoneにかなり近いぬるぬる感を感じたのですが、言い過ぎかもしれません。ですが、初期のAndroid(2.3の頃)を思うと、すげー進化したなぁと思わざるを得ません。

 

 また、一枚写真を撮ってみました。

 f:id:Suechan:20161021223654j:plain

 Photoshopで解像度を落としていますが、かなり綺麗に撮れていると思います。

 

 とりあえず良好な印象です。しばらく使ってみたいと思います。

 f:id:Suechan:20161021223922j:plain

 この先何を書いたら良いでしょうかね。

 

 

 いつもこのブログを見ている人であれば、察して頂けると思いますが、ここまでが前置きです。

 タイトルに「など」と書いていますので、本題はここからです。と言っても短いですが。

 

 以前から見て頂いている人であれば気づくと思います。

 

 「おじちゃん、こないだスマートフォンを買ったばかりでしょう?」

 

 はて、そうじゃったかのう?

 

suechan.hateblo.jp

 

 おっ、そういえば、・・・ィなんとか・・・ィンなんとか・・・、うっ・・・頭がっ・・・。

 確か・・・ウィンなんとか・・・、ううっ、思い出せないんじゃ。

 f:id:Suechan:20161021224502j:plain

 どうにも歳を取ると、3歩歩くと忘れてしまうという物忘れに悩まされています。物忘れに効く何かはないものでしょうか。

 

 

 

とある魔術の禁書目録 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉

とある魔術の禁書目録 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉

 

 

 

 

続き

suechan.hateblo.jp

 

スポンサーリンク