意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

プロってなんだろう

 昨日のeスポーツについての続きです。

 

 eスポーツといいますが、要は競技ゲームとしてオリンピックやりまっせー、という解釈をしました。

 

 オリンピック種目ですと冬季なら、スケートとかスキーのジャンプとかカーリングとかリュージュなどあります。

 知名度という点でメジャーな種目から、マイナーな種目まで存在します。

 

 

 そいで、気になったのは「プロゲーマー」という単語。

 ゲームで飯を食うからプロゲーマーであるという意味に取れなくはないです。

 「ゲームでプロとかwww」と草生やすかもしれないけれど、それは個人の選択やん?と思うわけで別にいいと思います。

 

dic.nicovideo.jp

 

 こっから本題ですが、「プロ」ってどんな意味でっか?

 

 とりえあえず少し調べてみて、「プロ=金を稼ぐ」だと勘違いしていました。

 ごめんね、おじさんは英語そんなに得意じゃなくて。

 

 翻訳してみれば一目瞭然です。まず「プロ」という日本語を英訳すると、

 Google 翻訳

 「Professional」という英単語になります。

 

 んで、「Professional」という英単語を和訳すると、

 Google 翻訳

 「専門家」という日本語が出ます。

 

 そうですよね、専門の知識や技能を有することであって、金なんて無関係と思った。

 「プロゲーマー=ゲームの専門家」ということで。

 

 「プロ=金を稼ぐ」などと、どこで覚えてしまったんだろう。

 

 「プロ=専門家」を知ったとき、もともと怪しい私の言語体系がぐんにゃりと崩壊してしまったんですが、これを書いている今はとりあえず落ち着きました。

 

 

 最初の方に挙げたカーリングの話に逸れますが、前にオリンピックがあったときにスポットライトが当たったと思います。テレビで見たのは、昼間は普通の仕事をして金を稼いで、夜に練習するというスケジュールだったと記憶しています。要はカーリング単体で十分なお金を稼いで(稼げて)いないという話でした。

 他の国でもこうなんだろうか。カーリングもアスリートスポーツだと思うんですが、そうでもないんかのう。

 金稼げないとプロと言ってはいかんのやろか。とは言うものの、何につけても最初に金が要るので、金を稼げることは最優先事項ではあります。

 

 

 プロゲーマーに話を戻しますが、これをいち早く目指す場合は海外に行くしかないですね。いますぐ根をおろすというのなら砂漠より森に行った方がいいよ、って意味で。

 少し冷静になって落ち着いて考えることも大切。連休にちょっと東京方面に旅行してみようかなと思います。

スポンサーリンク