意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

っぱり私に料理の上手さを求めるのは間違っているだろうか

 ※お食事前後の方はお戻りいただきたいと思います。

 

 

 先日からのことなんですが、下痢がすごいことになっています。

 

 あ、戻っていない方はお早めに。間に合わなくなっても(ry

 

 

 どのくらいすごいかありのままに書くと、お尻からじゃーって水が出るくらいのすごさです。下り最速とかチャチなもんではなく、もっと恐ろしい水芸の領域に達しているような状態を味わっている的な。

 

 かつてこれとほぼ同じことになったことがありますが、それは大腸ファイバー検査ときです。検査の直前に下剤を1.5リットル飲んだのですが、そのときがほぼ再現された状況です。

 ちなみに大腸ファイバーとは、アッーな胃カメラと思ってください。黒くて長くて太いモノが私の中に入ってくる的なアレです。このときはおへその辺りを押さえると少し楽になるのですよ。

 

 これわただごとではないと思ったので、近くの内科に「下痢がすごいんです><」と駆け込みました。

 少し問診をしてもらい、血液検査をしてもらうと、

 f:id:Suechan:20170625204557j:plain

 ウィルス性腸炎で、脱水症状もあるとのことでした。

 なるほど、水を吸収することなく出してしまうから、脱水症状だわな。

 

 内科の先生からイオン系の水分を取ることを強く言われ、家に帰ってぐったりしていました。あと、仕事も休みました。

 関係ないですが、今一般派遣で行っている就業先は、当日休みについてあんまり言われない職場ですので、助かっています。また、派遣のお仕事のことも書きたいな。

 

 あんまり食べないのも良くないので、なんか食べようとして、とりあえずお粥を作ってみました。

 f:id:Suechan:20170625205251j:plain

 「ちょっと雑炊」に鮭フレークを入れて、お粥っぽい何かがいい感じに作れました。病人食って感じで、なかなかいけます。つか、体調悪くないときでも食べれそうな感じです。

 

 そうして食べて寝るだけのお仕事をしていると、少し体力が戻ってきます。ですので、

 f:id:Suechan:20170625210350j:plain

 うん、ちょっとだけ映画に行ってきたです。

 こちらの写真のおっきい版は前回投稿に追記しております。

 

 

 さて、ここからが本題です。

 私が料理について書くときは、上手にいくときが半分、アレな感じになってしまうことが半分くらいですが、今回はご期待通りの後者です。。。

 

 会社を休んでしまったから、ごはんが余ってしまっていたんですね。ですので、病院に行った翌日もお粥を作ろうとしたんです。

 

 まず、鍋に水を入れて、沸騰させてー、ごはんを入れてー、

 f:id:Suechan:20170625211030j:plain

 鮭フレークを入れてー、煮込めば出来上がる。

 

 そう考えていた時期が私にもありました

 

 できあがりがこちらなんですが、

 f:id:Suechan:20170625211310j:plain

 なんか違うくね

 どうしてこうなった。。。

 

 いえ、大盛チャーハンを作ったつもりではないんですよ。強いて言えばリゾットみたいなナニかを作ってしまったようです。

 多分ごはんが多くて、水が足りなかったんだと思われ。

 余っているごはんを全部ぶち込んだので、まあこうなるわな。

 

 なお、写真の料理は、撮影者がおいしくいただきました。

 

 

 ちなみに本編と関係ないですが、大盛チャーハンのサンプルはこちら。

 f:id:Suechan:20170625211609j:plain

 まぁ、こちらも包丁を使わないチャーハンでアレではありますが。キャベツの芯がそのままだったり、バラ肉がおっきいままだったりと、ワタクシの自由な性格を、あますところなく表現いたしております。

 

 こちらも撮影者がおいしくいただいております。

 

 この程度の料理の腕ですが、とりあえず今日は生きています。

スポンサーリンク