意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ぼくのゆめ

 最近、下痢がひどかったり、頭痛がひどかったりで、人生良くないときも悪いときもあるなぁ、とか思ったりする今日この頃です。

 その割に、おなかがすくことは変わらんのだなぁと、まんまるお腹を見て思ったり思わなかったり。

 

 

 

 唐突ですが、最近夢を見るようになってしまっています。

 普段は派遣のおしごとで働いているのですが、このときに見てしまう夢を遺しておこうかなと思います。

 

  

 夢というのは、「ゲームのお店を開きたい」です。

 

 具体的には、人と遭える物理的なスペースを作り、交流を目的としたいです。

 

 既存のゲーセンと同じに見えますが、基本的に専用ゲーム機は置きません。つか、みんな持ってますよね。みんなでゲームを持ち寄って一緒に遊ぶ的な場所で、昔でいう"たまり場"みたいなイメージです。

 

 ただ、eSportsについてのPC等については、多少の知識が必要ですので、お店に設置しようと思います。このPC等の新たなゲームのインストールやメンテナンスをするみたいな感じです。

 

 たまにイベント等を行い、

 ・10連ガチャ一本勝負

 ・とある音ゲーでスコアアタック(最高レアは1枚までみたいな縛りあり)

 と、こんな感じでやったら面白いんじゃないかなと。

 

 主催といいつつ、私のゲームの腕は知れているので、うまい人はここに来て腕を見せてね、くらいの感覚です。私は場を催す何かという立ち位置で、多少の腕はあっても特段うまい訳ではないです。

 

 

 また遊ぶばかりではなく、ゲームを作る体験とかできたらええなと。

 ゲームの開発環境を構築することは、お金であったり、知識であったりのハードルがある気がします。ゲームそのものはよー作れんですが、そういう環境を作ることはできるです。Macでも、Androidでも、Windowsでもどれでもええです。これは上記のeSportsのPCを流用できるかなと。

 

 例えば、iPadで描いたキャラを取り込んで、お店の開発用スマホにインストールして、開発用スマホ上でキャラを動かすとかまでなら、なんとかなります(たぶん

 (※iPhone等はデバイスを開発者登録する必要がありますので、手持ちのスマホにインストールすることはできません)

 キャラが動くところを見て、開発への道を進むか、進まないかを決めるきっかけにできるかもしれません。また、そんなに深く考えなくても、単純に余暇の趣味としても良いでしょうし。

 こんな感じのプログラミング体験とかもできたらええなぁと。

 

 なんなら、OfficeのVBAというプログラミング知識もありますので、こちらで順次、選択(判断)、繰り返し等のプログラミングの基礎を体験するとか。これはゲームとは違うかもしれませんが、自分で何かを作るという一貫です。

 

 こうやって書き出してみると、昼はプログラミング等のまぢめなお店、夜はゲーム等のふまぢめなお店、という感じになりそうです。

 でも、おぢさんは夜更かしが出来そうにないからほどほどに。

 

 とまあ、なんかこんなゆめを見るんですよね。

 

 

 で、この白昼夢を「夢じゃない」とするためには、

 

 ・どういう料金設定にすればええんやろ

  人が来たとして、家賃や機材のお金が稼げない可能性がありそう。こういうお金にからむことはなかなか苦手でして。

  既存のゲーセンと違い、多少高い設定を考えますが、うーん。

 

 ・場所をどこにしよう

  小さくやりたいので、人が集まりすぎても困りまする。目の届く範囲の輪のサイズで。

 

 ・多岐にわたっているので仕事量がパンクする可能性

  やりたいことを詰め込みすぎている気がします。

 

 

  そもそも誰にでも来てもらうつもりはなく、気に入らない人を入れるつもりはありません。基準は、うるさくしないとか台パンしないとかのマナーレベルが水準以上であることです。ゲームの腕に関しては、やれば上達しますので、基準にする必要がありません。腕が下手であることに何か言う人は、私が追い出します。

 

 

 つか、こんなんに金払う人おるやろか。

 とまぁこんな感じで、堂々巡りしとります。

 

 ゆめから覚める日は来るかな。 

スポンサーリンク