意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

SharePoint 2016評価版をHyper-Vで仮想化環境にインストールする手順(3/5)―SQLServerインストール編

 前回の続きです。

 

 ADサーバーインストール編

 

 今回はSQLServerをインストールします。

 

3.SQLServerインストール

 仮想マシンを新しく作成し、SQLServer 2016 with SP1とMicrosoft SQL Server Management Studioをインストールします。

 

 3.1)仮想マシン作成は、下記変更箇所を変更して前回の2.1)と同様に実施
  ・仮想マシン名を「Test_Share」
  ・コンピューター名を「TestSha」
  ・メモリを「20480」MB
  ・仮想プロセッサの数を「4」

 

 3.2)初期セットアップは、下記変更箇所を変更して前回の2.2)と同様に実施
  ・IPv4は自動
  ・「IPv4優先DNSサーバー」に「ADサーバーアドレス」を入力
  ・IPv6は自動
  ・「IPv6優先DNSサーバー」に「ADサーバーアドレス」を入力

 

 3.3)KBファイルインストール
  (1)(Test_Shareが起動している状態でも可能)「Hyper-Vマネージャー」で「Test_Share」を右クリック-「設定」をクリック

 f:id:Suechan:20171021202122j:plain


  (2)「ハードウェア」-「SCSIコントローラー」をクリック

 f:id:Suechan:20171021202701j:plain


  (3)「ハードドライブ」を選択し「追加」をクリック


  (4)1.で作成したハードディスクを選択し「開く」をクリック

 f:id:Suechan:20171021203151j:plain


  (5)「Test_Shareの設定」画面で「OK」をクリック

 f:id:Suechan:20171021203141j:plain


  (6)(「Test_Share」仮想マシン内の)スタートメニュー右クリック-「ディスクの管理」をクリック

 f:id:Suechan:20171021203232j:plain


  (7)ディスクを右クリック-「オンライン」をクリック

 f:id:Suechan:20171021203252j:plain

 f:id:Suechan:20171021203419j:plain


  (8)エクスプローラーで追加されたディスクを開き、以下順序でファイルをダブルクリックして、インストールを行う。途中で再起動を促されるときは再起動を行い、再起動後エクスプローラーを開き、続いてインストールを行う

 f:id:Suechan:20171021203849j:plain

   1)Windows8.1-KB2919442-x64.msu
   2)clearcompressionflag.exe
   3)Windows8.1-KB2919355-x64.msu
    (再起動)
   4)Windows8.1-KB2932046-x64.msu
    (再起動)
   5)Windows8.1-KB2959977-x64.msu
    (再起動)
   6)Windows8.1-KB2937592-x64.msu
   7)Windows8.1-KB2938439-x64.msu
    (再起動)
   8)Windows8.1-KB2934018-x64.msu
    (再起動)

 

  ※再起動をクリックした直後にロック画面が表示される場合があるが、操作を受け付けない。参考までに、Windows Server 2012 R2版Hyper-Vでは同じタイミングで「更新プログラムを構成しています・・・」が表示されている。

 

 

 3.4)ドメイン参加
  (1)「サーバーマネージャー」-「このローカルサーバーの構成」-「"WORKGROUP"」をクリック


  (2)「システムのプロパティ」ウィンドウ-「変更」をクリック


  (3)「ドメイン」をクリックし「consoto.com」を入力し「OK」をクリック

 f:id:Suechan:20171021203951j:plain


  (4)ユーザー名に「Spfarm」、パスワードに「P@ssw0rd」を入力し「OK」をクリック

 f:id:Suechan:20171021204215j:plain

 

  (5)「OK」をクリック

 f:id:Suechan:20171021204229j:plain

 

  (6)「システムのプロパティ」ウィンドウの「閉じる」をクリック

 

  (7)「今すぐ再起動する」をクリック


  (8)再起動後「他のユーザー」をクリック

 f:id:Suechan:20171021204437j:plain


  (9)ユーザー名に「Spfarm」、パスワードに「P@ssw0rd」を入力し「OK」をクリック

 f:id:Suechan:20171021204453j:plain

 

 

 3.5)SQLServer 2016 with SP1インストール
  (1)「Test_Share-仮想マシン接続」ウィンドウの「メディア」-「DVDドライブ」-「・・・(Windowsのイメージディスク)の取り出し」をクリック

 f:id:Suechan:20171021205435j:plain


  (2)「メディア」-「DVDドライブ」-「ディスクの挿入」をクリック


  (3)SQLServer 2016 with SP1評価版のイメージファイルを選択し「開く」をクリック

 f:id:Suechan:20171021205510j:plain


  (4)タスクバーのエクスプローラーをクリックし、Dドライブをダブルクリック

 f:id:Suechan:20171021205530j:plain


  (5)Setup.exeをダブルクリック

 f:id:Suechan:20171021205827j:plain


  (6)「ユーザーアカウント制御」で「はい」をクリック(以下「ユーザーアカウント制御」表示時には「はい」を選択すること)

 f:id:Suechan:20171021205845j:plain


  (7)「SQLServer インストールセンター」ウィンドウの左上の「インストール」をクリック

 f:id:Suechan:20171021205900j:plain


  (8)一番上の「SQLServerの新規スタンドアロン・・・」をクリック

 f:id:Suechan:20171021205937j:plain


  (9)「無償のエディションを指定する」で「Evaluation」を選択し「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021205953j:plain


  (10)「ライセンス条項」でライセンス条項を確認し、「ライセンス条項に同意します。」チェックを入れ「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210013j:plain


  (11)「Microsoft Update」で「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210030j:plain


  (12)「インストールルール」で「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210044j:plain


  (13)「機能の選択」で「データベースエンジン サービス」にチェックを入れ「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210059j:plain


  (14)「インスタンスの構成」で「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210114j:plain

 

  (15)「サーバーの構成」で「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210750j:plain


  (16)「データベースエンジンの構成」で「現在のユーザーを追加」をクリックし「次へ」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210412j:plain

 

  (17)「インストールの準備完了」で「インストール」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210213j:plain 

f:id:Suechan:20171021210844j:plain


  (18)「コンピューターの再起動が必要です」で「OK」をクリック

 f:id:Suechan:20171021210920j:plain

 

  (19)「SQLServer 2016セットアップ」で「閉じる」をクリック


  (20)「SQLServerインストールセンター」ウィンドウで右上Xアイコンをクリック

 

  (21)スタートメニュー右クリック-「シャットダウンまたはサインアウト」-「再起動」をクリック

 

  (22)ログイン画面で「他のユーザー」をクリックしSpfarmでログイン

 

 

 3.6)Microsoft SQL Server Management Studioインストール
  (1)エクスプローラーでEドライブの「SSMS-Setup-JPN.exe」をダブルクリック

 f:id:Suechan:20171021211216j:plain


  (2)「インストール」をクリック
   (しばらく待つ)

 

  (3)「再起動」をクリック

 f:id:Suechan:20171021211311j:plain

 

  (4)スタートメニュー-(下矢印クリック)-「Microsoft SQL Server Management Studio」をクリック

 

  (5)「サーバーへの接続」で「接続」をクリック

 f:id:Suechan:20171021211526j:plain

 

  (6)「オブジェクトエクスプローラー」で「TESTSHA」-「セキュリティ」-「ログイン」とツリーを展開し「consoto\spfarm」をダブルクリック

 f:id:Suechan:20171021212052j:plain

 

  (7)「ページの選択」で「サーバーロール」をクリック

 

  (8)「securityadmin」と「dbcreator」にチェックを入れ「OK」をクリック

 f:id:Suechan:20171021212348j:plain


  (9)「Microsoft SQL Server Management Studio」ウィンドウで右上Xアイコンをクリック

 

  
 これでSQLServerのインストールは終わりです。

 

 次はSharePoint 2016をインストールします。

 SharePoint 2016インストール編

スポンサーリンク