意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

ハジマリのオワリと新たなハジマリ

 f:id:Suechan:20180417204430j:plain

 もう4月になってしまいましたが、3月までの話を振り返りとか。写真も桜のだし。

 

 昨年の12月から関わっていた機械学習えんぢにあ案件は、どうにか終わりにこぎ着けることができました。

 

 

 ええ、終わりました

 

 振り返ると、ゼロから始まるPython生活でしたが、4か月間でどうにかKerasの学習モデルを作るところまでたどり着けたです。ほんと綱渡り状態で、割と頭痛がひどかったです。

 巷では人気沸騰の機械学習ですが、実際にやってみると、「あ、こんなもんか・・・」と若干拍子抜けした部分もあります。結局、分類か演算(予測)なんだと。

 

 あと最後の日、A課長に「なんとかなったですか?」と聞いてみますた。

 これは最初に会ったとき「なんとかします」とついうっかり言ってしまったけど、ほんまになんとかなったかな?という確認の意味です。

 これだけで何のことか理解してもらえたようで、

 

 「道筋が見えた」

 

 とお返事を頂きますた。やっぱ異能持ちなんやね。

 たったの一言でしたが、十分かな。

 のたうちまわった4か月間は無駄ではなかったようです。

 

 

 ただ、この機械学習を仕事にしたいかと聞かれると、うーん・・・。

 いや、なんかね、学習モデルという魔法の箱を作ってー、データをブチ込んでー、という作業はあんましおもろいと思えんかった。

 もちろん工夫というか面白いところはあるんです。たとえばデータの加工を工夫して精度を上げるとか、学習モデルのレイヤーをカスタマイズするなどの余地はあります。

 あるんですが、ただ、作業感が強くて・・・。魔法の箱に入れてチンするだけみたいな感じがどうにも。

 あと発注者側の期待値が高いけど、出てくるモノが期待値を超えないとかありそう。お金いっぱい出したのに、出てくるのはコレ???は?ふざけてるの???みたいなのとか。

 さらにはデータの加工が超大変とかありそう(実際に今回大変だった)。

 

 この辺がしっくりこないので、機械学習のおしごと!は当分いいかな。多分人類には早すぎるんだと思いました まる

 

 

 f:id:Suechan:20180419002427j:plain

 

 続いて4月からの新しいVB.Net案件なんですが、こっちもうーんな感じで。

 あ、前書いたときに「新しいA課長」って書いたと思うんですが、正しくはぶちょーだったでござる。うん、話をしていてね「(課長にしては)なんか違う気がするなー」くらいは思ってたんですが、やっぱり私が間違っていたようです。

 

 そう、誰しも間違いはあるというもの。ミスを許容できる社会になぁれっ!(棚上げ

 

 いやね、かれこれ二週間ほど経ちますが、派遣先の人がバタバタで、なんか若干放置気味な扱いでっす。まぁ、年度初めなので忙しいのはわかるんです。

 ただ、おしごとがあるかと思ったら、

  ・Linuxサーバーのウィルス定義ファイルの更新をして欲しい

  ・あとログの確認もして欲しい

  ・仕様書が無いから作って欲しい

  ・セキュリティの見直しをしたい

 とか話があったんですけど、一つ質問していいですか?

 

 VB.NETはどこですか?(泣 き そ う ;;

 

 あ、そういうことか。

 おじさんはわかってしまいました。

 40数年生きて、どうやらこの世の真理にたどり着いてしまったようです。

 

 この世はド・Sで満ちています(n=1

 

 なるほど、こういうこと。理解できた(わかって・・・る?

 

 まぁ、一割くらいは冗談なんですが、VB.NETでバリバリとコーディングするのは来月くらいかなー。というか、コーティングするかどうか割とびみょーなふいんき()なんですけど・・・。

 

f:id:Suechan:20180419005430j:plain

 

 ちょっとまだ、現状の把握に頭が追い付いていないですが、徐々に慣れていけたらええな。

スポンサーリンク