意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

俺、このThrmaltake LEVEL 20VTで自作した光るPCでキラキラ系おじさんに変身するんだ・・・(やめとけ

 f:id:Suechan:20181224164404j:plain

 まさかの連闘策で、叩き二投(稿)目になります。文章がアレでも写真でゴリ押ししていくスタイルです。

 タイトルで完結してますが、完結したその続きみたいな感じ?(疑問形

 

 前回の続きとなりますので、先に前回のを読んでくらさい。

 

 

 前回は自作PCを組んだとこまででしたが、今回はステップアップとして光モノに挑戦しています。写真の現像頑張りましたので、結構イケてる(と思う)写真を16枚選びました。

 この写真を見れば、きっとキラキラ系PCを目指す人が増える・・・はずだと思うんですけど・・・

 

 ※注意:なお、写真を見る代償として、最後に呪いのパワーワードを仕込んでいます。やはり、モノゴトにはダイショウがツキモノとでも言いましょうか。ここで「戻るボタンを押すのもあり」かと思います。覚悟が決まった人のみ進んでください。

 

 

 早速の生贄PCはこちらです。

 f:id:Suechan:20181224165806j:plain

 Intel i9-7900X(10コア20スレッド)機です。

 これがイケてないときの写真です。

 

 なお今回の話と関係ないんですが、このPCは

 f:id:Suechan:20181224170354j:plain

 メモリ16GB*8枚=128GB積んでますです。

 

 まずはこのPCに、

 f:id:Suechan:20181224170117j:plain

 これらをブチ込みます。

 

 すると、

 f:id:Suechan:20181224170158j:plain

 こうなりました(白目

 こうなるように現像しておいてなんですが、なんかイケてなさがヤバそう・・・。

 

 という訳で、令号機をなかったモノとして破棄し、

 f:id:Suechan:20181224170720j:plain

 壱号機へと意識を向けます。

 

 

 さて、光モノPCを初めて作るワケですが、今回使ったケースはこれです。

 f:id:Suechan:20181224171021j:plain

 Thrmaltake LEVEL 20VTです。お手入れ簡単かもしれません(謎

 

Thermaltake LEVEL 20 VT キューブ型PCケース[MicroATX対応] CS7390 CA-1L2-00S1WN-00
 

 

 このケースはMicro ATXサイズのケースで、上横3面に強化ガラスが使われており、ナカが丸見えになるタイプです。

 専門的な話になりますが、簡易水冷は後ろに140サイズ、上に280サイズ(もしくは240サイズ*2)、前に240サイズがイケるようです。(未使用ですがイケそうに見えます)

 

 話を戻して、私は今までMicro ATXケースを10年以上愛用していて、このThermaltake LEVEL 20 VTはここ10年くらいで最高の出来だと思います。いや、ホントで。

 Micro ATXサイズのケースだと、配線がどうしても知恵の輪状態になるため、素人にはオススメしづらい問題がありましたが、このThermaltake LEVEL 20 VTはATX機並みの余裕があるので、是非オススメできますし、したいです。

 ただ、Micro ATXサイズと考えるには、ちょっとおっきぃんですけどね・・・。今書いていて思ったんですが、ATXサイズのケースにMircro ATXマザーボードを付けるといいのかなって今更思いました。。。

 

 気を取り直して、このケースにブチ込んだモノとしては、先日のi7-8086KとMSI MPG Z390M GAMING EDGE ACと、

 f:id:Suechan:20181224172717j:plain

 その他一式ですっ(やっぱり雑

 

 え?単語を入れた方が、スコア(謎)が上がるんですか?

 んじゃやっぱし書きますね(ナニかの犬っぽい感じ

 

 値段は、買った当時のおおよその額です。

 ・CPU:Intel i7-8086K=約5万円

 ・CPUクーラー:サイズ 超天 SCCT-1000=約4千円

 ・マザーボード:MSI MPG Z390M GAMING EDGE AC

 ・メモリ:G.Skill F4-3200C16D-32GTZR(Trident Z RGB 3200MHz CL16 16GB*2枚セット)=4万円

 ・グラフィックボード:MSI GEFORCE RTX 2070 GAMING Z=9万円

 ・SSD:PLETXOR M9PeGN 512GB(Cドライブ用)=1万5千円

 ・SSD:Transcend SSD370 512GB*2(Dドライブ用ストライプボリュームによるアプリインストール向け)=1万5千円*2

 ・SSD:WD Black NVMe SSD (2018) 1TB(Eドライブ用データ向け)=4万円

 ・SSD:Micron 2TB(ワークドライブ向け)=3万円

 ・電源:Seasonic SSR-750PX=3万円

 ・ファン:Riing Plus 20 LED RGB Case Fan TT Premium Edition=4千円

 ・ファン:Riing Plus 12 LED RGB Radiator Fan TT Premium Edition=3千円

 ・ファンコントローラー:TT Sync Controller TT Premium Edition=2千円

 ・キーボード:Trust GXT870(オリジナル白軸)=1万5千円

 合計35.3万円くらいでした。まだ、クマグリスとかSATAケーブルとか使えなかったCPUクーラーとか・・・。

 

 今初めてたしざんしてみたんですが、そんなに突っ込んでたのかと、割と戦慄しています。。。

 まぁ、買ってしまったのは仕方ないので、組んでいきます。。。

 

 f:id:Suechan:20181224172537j:plain

 

 

 では、いよいよショータイムでっす。とくとご覧あれ。

 

 まずは、電源を入れると、

 f:id:Suechan:20181224180119j:plain

 動きました(よかった

 

 少し引いて見ると、

 f:id:Suechan:20181224180740j:plain

 この存在感がすごい。

 

 改めて見ると、

 f:id:Suechan:20181224180903j:plain

 いいよー、ちょーカッコイイっ!

 

 同じ角度でタイミングが変わるのとの現像を変えると、

 f:id:Suechan:20181224180941j:plain

 なんかヤバそうエネルギー物質を発生させてるように見えるんですけど・・・。

 

 つまり、

 f:id:Suechan:20181224182104j:plain

 ここからビームとかレーザーが出そうです(ぇ

 

 なお、音はほぼ無音です。グラフィックボードに至ってはファンが停止しています。

 私自身が音に敏感というか過敏なので、うるさいPCとかありえません。エアーフローとか考えれば、自然と静かになります。

 

 一応、それなりにぼくがえんがえたさいきょうのえあーふろーは、

 f:id:Suechan:20181224182049j:plain

 こんな感じで、右側のフロント側に20cmファンを、CPUファンとして12cmファンを配置していますです。

 

 これにより写真右側(本体前側)から吸って左側(本体後側)に流れて排気するようにしています。また、このLEVEL 20 VTは天板に空間があるため、そこからも排気するようになっています。

 つまり本体前側から吸って後ろと上に排気するようなエアーフローを考えた、いわゆる正圧ケースとしました。

 

 また、CPUファンの形式にトップフロー形式を採用することで、CPUだけでなく、周辺のVRMやメモリも冷却できるようにしています。

 これにより、グラフィックボードはフロント側の20cmファンとCPU側の12cmファンの十字砲火による冷却(グラフィックボードには金属製の放熱にも使えるバックプレートが装着されています)ができてるはずです。

 

 これらを鑑みたグラフィックボードを含めて全てのパーツの冷却を考えることで、そもそも温度が上がりにくいエアーフローを作っています。写真では見えないですが、2.5インチSSDもケース下側に配置し、エアーフローによる冷却ができるようにしています。

 ですので、そもそも冷えるようにしていますし、メインの用途があまり負荷をかけない仮想PC用途ですので、普段のファンの音はほぼ気になりません。

 あーでも、仮想PCを複数同時起動するとCPUファンが元気になるのですが、とりあえずとにかく静かとだけ思っていただければええです。

 

 あと、マザーボード側の機能でWifiとBluetoothが使えますので、長いHDMIケーブルを使って、少し離れた場所でBluetooth対応のキーボードとマウスを使用することも可能です。

 

 

 まぁ、難しい話はここまでにします。

 ここまで見ておいてまさか戻るボタンは・・・、ありえませんね・・・。

 

 

 さて、みなさんのPCはどこにありますか?(謎アンケート開始と見せかけて・・・

 

 もちろん私は、

 f:id:Suechan:20181224184237j:plain

 机の下ですね。

 そう、英語で言うとアンダーザデスクですね。

 そりゃあ人によってPCの配置場所は机の上とかあるでしょうが、私の一番の推し場所としては、ここしかないんですけど・・・

 f:id:Suechan:20181224185426j:plain

 いやもうこれ、どうみてもそれ以外に言いようがないですね。仕方ないですね。 

 

 テストには出ませんので、必死に覚えなくても大丈夫ですが、光るPCを見たら、アンダーザデスクという単語を思い出すようになっていただければ幸いです(謎の呪い

 

 アンダーザデスク (あんだーざですく)とは【ピクシブ百科事典】

スポンサーリンク