意外となんとかなる日記

世迷言を心に、綺麗事を頭に

スポンサーリンク

Forza Horizon 4を4K30fpsであわよくば60fpsでプレイできるグラフィックボードというかカードはRTX三兄弟かVEGA64かそれとも

 頭痛が少し収まり始めたので、やったことを書き出してみます。

 本調子は遠いですが、少しずつ良くなっている気がします。

 あと、技術書展6は落選でした。

 

 

 

 たまにはゲームのことでも。

 初っ端から本題とは逸れますが、デレステのガチャで10連チケットの有効期限が迫っていたのであわてて使ってみると、

 f:id:Suechan:20190302142539j:plain

 みんなすまんな、お迎えしてしもて。

 ガチャ自慢が終わったところで、本題に入ります。

 

 

 最近ハマリつつあるForza Horizon 4というゲームがあります。ジャンルとしてはいわゆる車ゲーです。

 車ゲーというと、サーキットを周回するパティーンがほとんどですが、このForza Horizon 4はかなり違いまする。

 

 公道っぽいで普通の車も走っている間をすり抜けていくとか、なんなら道からはみ出て木をなぎ倒しながら走ることもできます。その他、雪道や泥道等など、アスファルトの上だけではない路面があります。

 オープンワールド系というかキャノンボール的でラリー要素もある車ゲーです。

 

 この「コース上を走るばかりが人生というレースじゃない」感がとても好感を持てます。

 

 f:id:Suechan:20190302144911j:plain

 

 以前Forza Motorsport 7も買いましたが、こちらはストイックにサーキットを走り続けるタイプですが少しプレイしたら、私の方が下火に・・・。なんかね、近年は1周するだけでしんどくなってきて、1周目のゴールラインが見えたら「1周走ったから、もうゴールしていいよね?」と思っても「残念あと4周あるよん」みたいでハムスター感がつらくなってます。

 ただ、近年eSportsのこともあってか、公式で24時間耐久とかやってるらしいので、復帰したい気持ちもあります。

 

 話は戻ってForza Horizon 4ですが、好き勝手にコース外も走れるので、気ままなドライブ感があるので、車ゲーが苦手な人にもいっぺん試して欲しいと思えるゲームです。

 Windows10のストアにデモ版があるので、以下にリンクを貼っておきます。アフィではないです。

 

 Get Forza Horizon 4 Demo - Microsoft Store

 

 

 さて、そのForza Horizon 4をプレイするなら、どうせなら快適な環境でプレイしたいと思いますよね。ですよね? で す よ ね ぇ ?

 と、こんなこともあろうかと、グラフィックボードをいくつか買ってみました。

 f:id:Suechan:20190302113838j:plain

 今改めて見ると、なんか払った金額に吐き気がする。。。

 誰か仕事ください。いえ、お金ください(ストレート 

 

 買ったのは

 ・MSI GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G(以下「RTX2070」と略)

 ・GIGABYTE GeForce RTX 2080 WINDFORCE OC 8G(以下「RTX2080」)

 ・GIGABYTE GeForce RTX 2080Ti WINDFORCE OC 11G(以下「RTX2080Ti」)

 SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX VEGA 64 8G HBM2(以下「VEGA64」)

 です。あえて値段は書かないで生きよう・・・。部屋を叩き出される日が迫っている気がするんですけど・・・。

 

 そしてこれらのグラフィックボード使ってForza Horizon 4でベンチマークを取ってみました。

 

 ベンチマークの設定は、

 ・プリセット:ウルトラ

 ・ダイナミックオプティマイゼーション:なし

 ・解像度:3840*2160

 ・HDR:オン

 を基本としました。

 

 肝心のフレームレートの設定についてはあまりよくわからなかったので、

 ・FPS:60

 ・垂直同期:オン=30fps、オフ=60fps

 とみなしています。

 

 PCパーツ構成は、

 ・CPU:i9-9900K(使用コア数に応じて4.8~5.2GHzで動作

 ・メモリ:G.Skill F4-3200C14Q-64GTZR(16GB*4枚 3466MHz 14-14-14-37-2T)

 ・マザーボード:MSI MPG Z390M GAMING EDGE AC(MicroATX)

 ・SSD Cドライブ:Intel Optane 905P 380GB(22110サイズM.2)

 ・SSD Dドライブ:WD Black WDS100T2X0C(M.2 1TB。最新のSN750ではない)

 ・電源:Thermaltake Toughpower iRGB PLUS 850W(Platinum

 ・ディスプレイ:BENQ SW240(24インチ 1920*1200 10bitカラーマネジメント対応)

 ・テレビ:SONY BRAVIA 43X8500F(43インチ4K HDR対応)

 です。

 

 ゲームと言えばGeForceですが、VEGA64はどこまで迫れるか注目です。

 GeForceドライバは419.17でAfterburner未使用です。

 AMDドライバは19.2.2で、パフォーマンスオプションを使用しました。

 なお、以下の測定数字は目視で計測したため、誤差があります。計測にはワットチェッカーとGPU-Zを使用しました。

 では、順番に貼っていきます。

 

 f:id:Suechan:20190302120503j:plain

 

 

 まずは各グラフィックボードのアイドル消費電力を。ディスプレイ1枚のときと、テレビを接続して2枚のマルチモニターにしたときの消費電力で、ベンチマークとは関係ありませんが、まぁ参考までに。

 ・RTX2070 1枚:48W、2枚:55W

 ・RTX2080 1枚:50W、2枚:56W

 ・RTX2080Ti 1枚:53W、2枚:65W

 ・VEGA64 1枚:56W、2枚:57W

 また、RTX系は3枚目を追加すると、80Wくらいまで増える傾向があります。VEGA64は3枚目を追加しても、2W程度しか増えませんでした。

 

 ではベンチマーク結果となります。まずは30fpsから。ここは軽く眺める程度でよいです。

 30fpsですとどのグラフィックボードも無難にこなしています

 各GPUの結果と合わせてGPU使用率、消費電力、グラフィックボードの最高温度を記載します。

 

 ・RTX2070(GPU使用率40~50%、消費電力180~190W、温度60度)

 f:id:Suechan:20190302120919j:plain

 ・RTX2080(GPU使用率35~40%、消費電力140~180W、温度55度)

 f:id:Suechan:20190302121106j:plain

 ・RTX2080Ti(GPU使用率35~40%、消費電力160~190W、温度54度)

 f:id:Suechan:20190302121119j:plain

 ・VEGA64(GPU使用率50~60%、消費電力140~160W、温度53度)

 f:id:Suechan:20190302121131j:plain

 ちゃんとしたレビューサイトだとグラフにするんでしょうけど・・・。

 VEGA64は若干苦戦しているものの、こなしています。

 

 

 f:id:Suechan:20190302143801j:plain


 

 さて、本命の60fpsはこうなりました。

 ・RTX2070(GPU使用率85~95%、消費電力250~270W、温度65度

f:id:Suechan:20190302141131j:plain

 ・RTX2080(GPU使用率70~80%、消費電力230~260W、温度65度)

f:id:Suechan:20190302141209j:plain

 ・RTX2080Ti(GPU使用率70~80%、消費電力300~330W、温度68度)

f:id:Suechan:20190302141225j:plain

 ・VEGA64(GPU使用率80~98%、消費電力350~400W、温度59度)

f:id:Suechan:20190302141242j:plain

 

 という結果となり、RTX2070は4K60fpsは苦戦しています。RTX2080、RTX2080Tiはまだ余力がありそうです。

 対してVEGA64はパフォーマンスオプション設定ながら割と善戦しているように見えます。RTX2080に迫っていますが、消費電力ががが。

 また、Forza Horizon 4ではビデオメモリを4~5GBを消費する模様です。

 

 f:id:Suechan:20190302143850j:plain

 

 で、VEGA64というかAMD系ですと、ドライバに付属するWattmanというツールがあります。

 よくわからないながらも、Wattmanを設定して再度ベンチマークを行いました。

 ・VEGA64(GPU使用率80~98%、消費電力260~300W、温度54度)

f:id:Suechan:20190302144337j:plain

 すると3fps程度下がるものの、消費電力を100W近く下げることができました。ただ、ブルスクになったり若干不安定ですが。

 うまいことやれば、RTX2080くらいの性能にはできそうな手ごたえを感じます。

 

f:id:Suechan:20190302144851j:plain

 

 というところでまとめます。

 無難に4K60fpsを狙うならRTX2080以上ですが、VEGA64の潜在能力も侮れないという感想です。ただ、垂直同期を切るとRTX2080TiでもBRAVIA側の問題もあってかティアリングを確認したので、なかなか取捨選択が難しいところです。

 

 あとそもそも個人的な想いですが、車ゲーで60fps(以上)が必要かな?と思います。ベンチマーク中の画面を見る限り、30fpsでも十分ぢゃね?とか思ってます。実際30fpsでプレイしてますが特に不満はなく、fpsよりも4KとそしてHDRの効果の方がうれしいです。

 

 過去を振り返ると、HD5670、HD7850と使ってきて久々のAMDとなりましたが、結構ええやんと感じましたです。また、今の普段使いはVEGA64にしています。

 

 あと「AMDだと色合いが違う」という話があり、HD7850のときとかも思いました。ですが、今のハードウェアキャリブレーションディスプレイを使用すると、AMDもNVIDIAも同じになりました。ただ、なんらかの設定が違うことは確かだと思いますです。

 

 

 さて、Forza Horizon 4で使用してみたいグラフィックボードを選ぶならRADEON VIIですね(今回使ってない

 

 

続き

 

スポンサーリンク